投稿小説だぜ

Mituyaさま作

『戦え! FANG GUNNERS!』外伝

偽りのものたち

番外編


「キャラクターさんに32の質問」

◇真田修一編◇


Q1:あなたの名前は?

修一「真田修一」
ユキメ「忍びとしての渾名は?」
修一「な、そんなものがあったの……」
チサト「ない、絶対にない」

Q2:名前の由来は?

修一「苗字は淳二のもの。名前は、作者の知り合いの名前からとったそうだ」
秋彦「ふーん」
修一「淳二、2だから数字に関わる名前をつけたかったらしいな」

Q3:年齢と性別は?

修一「16歳男性。だがまだ生まれてから数ヶ月という年月しか経ってない」

Q4:家族構成を教えてください

修一「ない。我は淳二とは違うからな」
憐「兄と母親に関して、含むところは?」
修一「それもない」

Q5:種族及び、身体的特徴は?

修一「改造人間のクローン。憐殿たちと変わらない」
麗奈「身体的特徴も?」
修一「それは、168cm、58kgの、少々小柄な男だ。淳二に比べると、やや目つきがきついがな。あと、髪は逆立ってはいない」

Q6:一人称は?

修一「我、だ。無論、状況に応じて変化させる」
麗奈「TPOで使い分けるというわけですわね」
修一「てーぴーおー? ……ああ、パリェスチーナ解放機構のことか」
麗奈「……それはPLOですわ。しかも、パレスチナですし」

Q7:得意科目は?

修一「体育。美奈殿と同じだが、我は皆と比べて頭脳派ではないことを熟知している」
麗奈「随分と思い切った、ドロップアウト宣言ですわね」
修一「我は忍び。主の命令に従い、行動するだけ。頭脳を活かせといわれれば、そうする」

Q8:あなたのキメ台詞や名台詞を教えてください

修一「忍者たるもの、そのような台詞を残してはいけない。証拠になってしまうからな」
ユキメ「……あんたは暗殺者にでもなって、完全犯罪でもするってーの?」
修一「主がそう望めば」
麗奈「で、主って、誰ですの?」
修一「我が認めた者だ」
憐「……だから、一体誰なんだよ」

Q9:座右の銘は?

修一「沈黙は金、だ」
憐「あれ? その言葉って、海外の人の言葉だったよな?」
修一「それは知らぬ。我は世界史も苦手だ」

Q10:あなたの長所は?

修一「身のこなしと、与えられた仕事をこなすその実力だ。あとは忍者の知識は、誰にも負けない」
美奈「確かに、修一君は運動神経いいですし」
チサト「そうなんですか。すごいですね」
修一「……美奈殿とチサト殿の言う台詞ではないな」

Q11:あなたの短所は?

修一「エゲレス語がまるで駄目だ。勉学も、あまり得意ではない」
秋彦「え、エゲレス語って……お前、いつの時代の人間だよ?」
ユキメ「はーい、私からもいい?」
修一「構わぬが」
ユキメ「修一君は、自己犠牲の精神が強すぎ。たまには自分の好きなことをすりゃーいいのよ」
修一「しかし……」
ユキメ「しかしもくそもないの。そんなことして、皆の足を引っ張らないようにしなさいよ」
秋彦「一番、俺たちの足を引っ張っているのって、ユキメさんだと思うんですけど」

Q12:料理は作れますか? 得意料理は?

修一「作れぬこともないが……」
麗奈「あら? それならわたくしの仕事を代わりにやって欲しいものですわね」
修一「さわり程度だ。玉子焼き、目玉焼き、カレイリャース……その程度にしかすぎぬ」
美奈「えっ……」
瑠璃華「あたしたち、一品作るのに、卵全部使うし、フライパン一個大破しちゃう……」
修一「……まあ美奈殿と瑠璃華殿に比べたら、出来る方か」

Q13:好きな食べ物は?

修一「ハンガーバーとやらは、和食党である我でも、実は好きだ」
麗奈「でも、ハンバーガーは意外と高いですから、駄目ですわよ」
修一「……しかし、我は赤貧気味故、手を出せぬのだ」

Q14:嫌いな食べ物は?

修一「ない。強いて言えば……美奈殿と瑠璃華殿の作る食事全部か」
秋彦「……」
修一「秋彦殿がかつて食べて、一週間寝込んだ故、食べる気も起きぬ」

Q15:アルコールは強いですか?

修一「忍びたるもの、酒と女には溺れはせぬ。興味がないとは言わぬが」
麗奈「ふーん。修一でもそういう欲はあるんですの」
修一「無論だ」
麗奈「ふーん……」

Q16:好きな事は?

修一「忍者にまつわるものを集めることだ。特に脇差、刀、などといった刃物の類はいいな」
秋彦「(ぼそっと)バカに刃物とはよく言ったものだ……」
修一「人の悪口は、当人の聞こえぬ所で言うべきだな」
秋彦「げ……聞こえてたか」

Q17:嫌いな事は?

修一「騒がしいところ、喫煙者がいるところに行くことだ」
ユキメ「タバコはわからないでもないわね。作者なんか、大の嫌煙家だから、喫煙者とか本当に嫌がるし」

Q18:あなたの職業は?

修一「高校生。無論、憐殿たちの護衛も兼ねる」
憐「む、無論か!?」
修一「そうだ。憐殿たちの命の危機には、我が駆けつける故、安心しろ」
麗奈「ま、頼りにしてますわよ」

Q19:あなたの使用武器は?

修一「体術もこなすが、我の得意武器は脇差、短刀だ。技は、ユキメさんから伝授していただいた」
ユキメ「って言っても、ほんの一部だけだよ。私もほとんどが我流だし」

Q20:魔法は使えますか?

修一「使えぬ」
翔子「っていうか、魔法のことを知ってるのって、私だけじゃない?」

Q21:死んでもやりたくないことは?

修一「愚問だな」
美奈「え? じゃあ何なんですか?」
修一「死ぬことだ」
憐「何だよ、それ?」
修一「死にたくないから、死んでもやりたくない。したら死ぬ故」
チサト「当たり前ですけどね……」

Q22:尊敬している人、憧れている人はいますか?

修一「憐殿と同じ、ユキメさんだ。あの者は、身のこなしはもちろん、潜入技術、変装技術、数々の忍者としての能力を所有している。あれほどの人は、この世にはおらぬ」
ユキメ「ほめられちった。えっへん」

Q23:あなたの周りで一番変だと思う人は? その理由も

修一「これも愚問だな。無論、あの人だ」
憐「だよな」
秋彦「それ以外、ないっしょ?」

Q24:恋人はいますか? もしくは好きな人はいますか? 差し支えなければ教えてください。まあ好きなタイプでもけっこう。

修一「無論、好きな人はいるぞ」
麗奈「えっ!?」
美奈「誰なんですか?」
瑠璃華「教えて教えて」
修一「ここにいる、皆だ」
憐&秋彦「(ずずっと後ろに下がる)」
修一「我は、皆と一緒にいると落ち着くし、やすらぐ。だから、憐殿、美奈殿、麗奈殿、秋彦殿、瑠璃華殿、ユキメさん、チサト殿、皆が好きだ」
麗奈「そ、そう意味ですのね」
瑠璃華「あーあ、期待して損した」

Q25:今一番欲しいものは?

修一「まだ、忍刀の類の収集が終わってはおらぬ。だからそれらが欲しい」
秋彦「忍者オタク……」

Q26:あなたの宝物は何ですか?

修一「今まで集めた忍者物だ」
麗奈「やっぱり忍者オタクですわ……」

Q27:あなたの野望は?

修一「野望か……。忍びが欲を持つわけもいかない」
麗奈「ほんと、寂しい発言ばっかりですわね。「少年よ、大志を抱け」っていう言葉をしってます?」
修一「知識があるのと実践するのとでは、意味が違う」

Q28:会ってみたい人はいますか? 無茶なものでもいいので答えてください。

修一「特にない。歴史上の人間に会いたくもないし、家族に深い思い出があるわけでもないからな。まあもう家族ではないが」

Q29:あなたの恥ずかしい話があったら教えてください。

修一「我はないが……何故、我がエゲレス語を喋ろうとすると、皆が顔を真っ赤にするのかがわからぬ」
秋彦「単に、お前の仲間でいるのが恥ずかしいだけだ」

Q30:寝るときの服装は?

修一「黒装束だ」
美奈「えっ!?」
麗奈「うえっ!?」
瑠璃華「えええっ!?」
憐「……でも事実なんだよな」

Q31:あなたの5年後はどうなっていると思いますか?

翔子「では私が占ってしんぜよう。リリカル・トカレフ・キルゼムオール♪」
修一「ふむ、雰囲気は出るな」
憐「っていうか物騒すぎないか、この詠唱?」
翔子「こんなん出ました〜。……ええっと、無数の女、かなこれは?」
修一「女か」
翔子「真ん中に、大勢の女性が群がって……ってええっ! やだっ! きゃあっ!! ってところで終了させていただきます」
修一「非常に気になる説明だ……」

Q32:最後に何か一言。

修一「我はどうやって、エゲレス語の単位をとっているのだろうか……」


戻る