投稿小説だぜ

Mituyaさま作

『戦え! FANG GUNNERS!』外伝

偽りのものたち

番外編


「キャラクターさんに32の質問」

◇明智瑠璃華編◇


Q1:あなたの名前は?

瑠璃華「明智瑠璃華。読み方はあけちるりか」

Q2:名前の由来は?

瑠璃華「明智はもちろん瑠華のもの。で、瑠璃華の方なんだけど、これはみーなちゃんと同じく『魔法少女ラスカル☆ミーナ』っていう作品のキャラからとられてるの。皆瀬琉璃香(みなせ るりか)っていう、主人公皆瀬和久(みなせ かずひさ)、現白瀬美奈子(しらせ みなこ)っていうキャラの母親でいて、息子を魔法少女にした張本人から取られてるのよ」
秋彦「……また、ユキメさんよりぶっとんだキャラだよね」
瑠璃華「しかも、母親の年齢であって、自称、悪の魔法少女だもん」
美奈「あのー……この作品から離れた会話はしないでいただけません?」

Q3:年齢と性別は?

瑠璃華「16歳女性。現実には数ヶ月しか生きてませーん」

Q4:家族構成を教えてください

瑠璃華「これは、瑠華としてもいないよ」
秋彦「そうか……。そういえば、センゴクマンのお目付け役としてだけのために育てられたんだっけ……」
瑠璃華「でも今の瑠華は、なつめとルシリスっていう家族がいるし」
チサト「堕天使なっちゃんは嫌ーっ!!」
美奈「……どうしました?」
ユキメ「……チサトちゃんの発作よ」

Q5:種族及び、身体的特徴は?

瑠璃華「皆と違うところは、改造でない人間のクローンだってとこ。だから皆みたいに五行の力を行使することは出来ないよ」
秋彦「オレが木、シュウが火、麗奈ちゃんが土、美奈ちゃんが金、憐が水だよね」
瑠璃華「それらのまとめ役みたいなのが、本来のあたしの役目って訳。まあ今となってはどうでもいいことなんだけど」
秋彦「センゴクマンとは違って、戦いには縁が遠くなったしねぇ」
美奈「私はしょっちゅう戦ってるような気がするのはキノセイデスカ?」
瑠璃華「それはともかく」
美奈「無視ですか……」
瑠璃華「164cm、48kg。実は、女子の中ではでかくて、かなり細い方かな?」
ユキメ「ということは、この中で一番身長が低いのって、麗奈ちゃんか」
麗奈「納得いきませんわーっ!!」
瑠璃華「あたしの特徴は、このツインテールよ。ちょっと幼く見えるけどね」

Q6:一人称は?

瑠璃華「あたし」
秋彦「私、と大差はないけど」
瑠璃華「いいじゃない」

Q7:得意科目は?

瑠璃華「理系全て! 特に化学、生物なんかはもうお手のものよ。もちろん数学もお茶の子さいさい」
秋彦「死語だ」
憐「今時、お茶の子さいさい、って……」

Q8:あなたのキメ台詞や名台詞を教えてください

瑠璃華「ないよねぇ」
秋彦「ないねぇ」

Q9:座右の銘は?

瑠璃華「何だと思う?」
憐「知らん」
瑠璃華「国語はちょっと苦手なんだけど……そうねぇ、秋彦と二人で連理の枝とかってのはどう?」
修一「れんりのえだ? どのような意味だ?」
瑠璃華「辞書を引いてみなさい」
修一「ふむ……夫婦または男女の深く睦まじい契りの例え……か」

Q10:あなたの長所は?

瑠璃華「一途なところ」
憐「言い換えれば、猪突猛進なところだな」
麗奈「わたくしと同じですわね」
瑠璃華「れいちゃん! それはないんじゃない……」
麗奈「それ、どういう意味ですの?」
瑠璃華「(無視して)他には、あらゆる知識かな? 瑠華に勝つために、魔王クラーマから与えられたものなんだけど、これは自慢」

Q11:あなたの短所は?

憐「他人の迷惑をかえりみないとこだな」
瑠璃華「ちょっと憐! 勝手にあることないこと言わないでよ!」
美奈「多分、あることあることですけど」
憐「……だって、瑠璃華の登校当初なんか、秋彦が男性陣の冷たい目で見られているのにも関わらず、秋彦にひっついてたじゃねぇかよ」
瑠璃華「恋人だもん。当然でしょ?」
修一「……間違いなく、これは欠点だな」

Q12:料理は作れますか? 得意料理は?

瑠璃華「作れるよ。作れる料理は、他称毒!!」
麗奈「それ、作れるとはいいませんわよ」
瑠璃華「料理が作れると食べられるとでは、意味が違うもん。あたしは料理が作れるし」
秋彦「……でも、赤ん坊ですら食べようとしない一品なんだよね」
瑠璃華「それは否定しない」

Q13:好きな食べ物は?

瑠璃華「和菓子全般。特にみたらし団子が好き」
美奈「あんこ♪ みたらし♪」
麗奈「もちろん、緑茶を忘れてはいけませんわ!! あの芳醇な香り、ほのかな苦味、ああ緑茶っていいですわよね」
瑠璃華「麗奈ちゃんって、洋菓子のほうが好きなんじゃなかったっけ?」
麗奈「昆布茶、蕎麦茶、緑茶など、日本茶は好きですわよ。もちろん和菓子もおいしいですし」
憐「……美奈、麗奈、瑠璃華」
美奈「?」
憐「太るぞ」
美奈&麗奈&瑠璃華「!!」
チサト「? 太るのっていいことじゃないんですか? 太っていた方が寒くないし、生き延びる可能性が高いですよ」
ユキメ「あのねぇチサトちゃん。あんた以外、サバイバル生活をした人間なんていないんだから……」
チサト「それに私って、燃費がいいですから、少量でも満腹になりますし、太る余地がないんですよね」
ユキメ「それは同感」
美奈&麗奈&瑠璃華「お、女の敵……」

Q14:嫌いな食べ物は?

瑠璃華「基本的に、嫌いなものはないよ。薄味がちょっと苦手なだけ」
修一「瑠璃華殿の手料理は、いかがかな?」
瑠璃華「……自分で見てて食べる気はしないけど、頑張って食べようじゃない。もぐもぐ、まずー」
秋彦「……瑠璃華だからこそ、まずー、で済むんだと思うのは、オレだけか?」

Q15:アルコールは強いですか?

瑠璃華「最近、実験でアルコールを使ってるからわかるよ。そこそこ強い」
秋彦「本当、これって未成年に聞く質問じゃないよね」
瑠璃華「同感」

Q16:好きな事は?

瑠璃華「秋彦に抱きつくこと!」
憐「へーへー」
瑠璃華「今はね、ふふふ……」

Q17:嫌いな事は?

瑠璃華「秋彦に近づく女全て!!」
修一「それは、事、ではないな」
瑠璃華「じゃあ女が秋彦に近づく行為」
美奈「私たちも?」
瑠璃華「みーなちゃんとれいちゃんとユキメさんとチサトさん、それに師匠は、恋心さえ抱かなければ、全然オッケー」
翔子「それって、私がもし秋彦に恋とかしたら……?」
瑠璃華「師匠を殺して、あたしと秋彦は生きる」
秋彦「お、おいおい」
瑠璃華「それは冗談としても、似たような結果にはなると思う」

Q18:あなたの職業は?

瑠璃華「高校生兼アルバイター。他には魔法薬精製のアルバイトなんかもしてる」

Q19:あなたの使用武器は?

瑠璃華「武器、じゃあないけど、陰陽術を使うよ」
翔子「陰陽術は、言霊とルーンを行使する、東洋魔術の一種なのよ。西洋魔術とは違い、言霊もルーンも欠けては駄目。もちろんその分、手軽に扱えるのが強みなんだけど」
チサト「それって、翔子さんの論理の上ででしょう?」
翔子「ま、ね。実際陰陽術を使える人なんて、瑠璃華が初めてだし」

Q20:魔法は使えますか?

瑠璃華「陰陽術が魔法の一種だっていうなら、使えるよ」

Q21:死んでもやりたくないことは?

瑠璃華「秋彦を他の女にとられること」
秋彦「もし、オレが他の女に手を出して、そのまま駆け落ちしたら?」
瑠璃華「秋彦を殺して、私も一緒に死ぬ(どきっぱり)」
秋彦「……」
憐「(ぽん)とんでもない女に惚れられたもんだな」
秋彦「……瑠華としては、愛されて育ったわけじゃあないし。その反動で、他人に甘えたくなるんだよ」
修一「で、その対象となった感想は?」
秋彦「……ノーコメント」

Q22:尊敬している人、憧れている人はいますか?

瑠璃華「そりゃあ師匠で決まり!」
翔子「……下手したら、私でも殺す、とか言ったくせに」
瑠璃華「例えですよ、例え」

Q23:あなたの周りで一番変だと思う人は? その理由も

瑠璃華「もちろんユキメさん!」

Q24:恋人はいますか? もしくは好きな人はいますか? 差し支えなければ教えてください。まあ好きなタイプでもけっこう。

瑠璃華「秋彦でーす(抱きっ)」
秋彦「……」
憐「そういやさ、瑠璃華から甘えてくるシーンは多いけど、秋彦から瑠璃華にそういう行為をするとこって、見たことないんだけど」
麗奈「そういえばそうですわね」
修一「つまり、秋彦殿にはその気はないということか」
秋彦「違うって。単純に、異性への接し方がわからないだけだ」
ユキメ「なんせ、作者は恋人いない歴2X年だしねぇ。そういう描写は一生かかっても……」
作者「ほっとけ」

Q25:今一番欲しいものは?

瑠璃華「物じゃなくてもいい?」
憐「……いや、何となくわかってしまったんだが」
美奈「あはは、まったくですね」
瑠璃華「秋彦のキス!!」
秋彦「はい(キス(魚)のプレゼント)」
瑠璃華「って違ーう!! 秋彦がそんなベタボケしないでよ!!」
秋彦「なんか、ユキメさんが、これをあげろって渡してくれたんだけど」

Q26:あなたの宝物は何ですか?

瑠璃華「楽しい数ヶ月の思い出全て……かな?」
秋彦「……何となくわかる」
瑠璃華「瑠華としては、何一つ楽しかったことなんてなかった。でも今は、全てが光って見えるし、こんな時間がいつまでも続けばいいって、そう思う。秋彦もそうでしょ?」
秋彦「ああ」

Q27:あなたの野望は?

瑠璃華「……秋彦との既成事実を作る(ぼそっ)」
秋彦「う、うぇっ!!?」
瑠璃華「あ、あははは、冗談よ冗談」
修一「目が笑ってなかったように見えたのは、気のせいか?」

Q28:会ってみたい人はいますか? 無茶なものでもいいので答えてください。

瑠璃華「いないいない。会いたい人はいつでも会ってるし」

Q29:あなたの恥ずかしい話があったら教えてください。

瑠璃華「言うわけないじゃん」
美奈「言ってください〜」
麗奈「言いなさいよ〜」
瑠璃華「あはは、嫌〜」

Q30:寝るときの服装は?

瑠璃華「Tシャツにスパッツ。もちろん寒ければその上に何か着るよ」
秋彦「思ったよりラフな格好だね」
瑠璃華「別に、見られるのはみーなちゃんとれいちゃんだけだし」

Q31:あなたの5年後はどうなっていると思いますか?

瑠璃華「これって、秋彦の内容と大差ないんでしょ? 私が博士で秋彦が助手でしたっけ?」
翔子「ええ。博士じゃないにしろ、秋彦に指示を出す立場でいるわよ」
瑠璃華「つまり、あたしは秋彦に命令できる、んだよね?」
翔子「……そうよ」
瑠璃華「ようするに、上司としての命令で、秋彦にあーんなことやこーんなことを……ぐへへへ」
翔子「……せめてよだれは拭きなさい。折角の美人が台無しよ」
チサト「ちなみに上司の権限で不当に命令するのは、パワーハラスメントにあたりますので、ご了承ください」
ユキメ「瑠璃ちゃんの場合、セクハラでもあるよね」

Q32:最後に何か一言。

瑠璃華「これからも、あたしたちの応援ヨロシク!!」
ユキメ「普通ね」
瑠璃華「別にいいじゃん」
ユキメ「まったくね」


戻る