投稿小説だぜ

Mituyaさま作

『戦え! FANG GUNNERS!』外伝

偽りのものたち

番外編


「キャラクターさんに32の質問」

◇直江憐編◇


Q1:あなたの名前は?

憐「直江憐だ。輪としての記憶もあるが、憐だ。アイツとは一緒にするな」
美奈「だね」

Q2:名前の由来は?

憐「オリジナルが輪だから、ちょっと変えて憐だ。変か?」
美奈「そんなこと言ったら、私たち全員がそうじゃない?」
憐「でもお前と修一と瑠璃華は、元ネタがあるんだろ?」

Q3:年齢と性別は?

憐「16歳、男性が戸籍上のもの。実際の年齢は数ヶ月ってとこか?」

Q4:家族構成を教えてください

憐「……輪のならあるが」
ユキメ「ふふ〜ん、残念。これは貴方の質問だから、直江輪のは受け付けませ〜ん」
憐「なら、家族はいない。強いて言えば、美奈たち全員が家族かな?」

Q5:種族及び、身体的特徴は?

憐「改造人間のクローン」
瑠璃華「17号?」
ユキメ「16号かもよ?」
憐「えーい、それは人造人間だ!! えーと、179cm、69kg。女顔って呼ばれるけど、決してそんなことはない……と思う」
ユキメ「そのつぶらな瞳が?」
修一「その美脚でか?」
ユキメ「小鼻で」
修一「ほっそりとしていて」
修一&ユキメ「女性もうらやむ肉体だな(よね)!!」
憐「しくしく」

Q6:一人称は?

憐「俺だ」

Q7:得意科目は?

憐「日本史だな。と言っても、苦手な科目自体がない」
美奈「……いいなぁ」
修一「うむ、まったく」

Q8:あなたのキメ台詞や名台詞を教えてください

ユキメ「ツッコミ時の台詞全部?」
憐「嘘つかないでください……」
チサト「でも、憐さんの台詞で印象あるものって、あります?」
秋彦「ないっすね」
憐「……」

Q9:座右の銘は?

憐「これは言える。「拙速は巧遅に勝る」だ。輪を反面教師にしているから、これだけは譲れないさ」

Q10:あなたの長所は?

美奈「実は優しいところ」
修一「人を惹きつける能力もあるな」
麗奈「声も綺麗ですわね」
秋彦「剣士としても優秀だよ」
憐「(顔を真っ赤にする)……」

Q11:あなたの短所は?

美奈「……(ぼそっと)鈍感なところ」
修一「口が悪いな」
麗奈「男の子が絡むと、運が途端になくなりますわね」
憐「う、うっさい!」
瑠璃華「でも一番の短所は、他人に流されやすいことだよね〜」

Q12:料理は作れますか? 得意料理は?

憐「……無理だ。全部麗奈に任せている」
麗奈「わたくしの腕にかかれば、取るに足らないことですわ!!」

Q13:好きな食べ物は?

憐「特にはないな。輪の奴は、愛妻弁当があれば良い、とか言いそうだがな」
美奈「綾瀬のこと? そういえば、憐君は綾瀬のこと……」
憐「興味ないね。あんなおせっかい、うざったいだけだ」
美奈「痛切だね……」
憐「(ぼそっと)大体、人の女に手を出すほど、俺はおちぶれちゃあいない」

Q14:嫌いな食べ物は?

憐「茄子。食感が悪いし、味がしない。あれだけはどうもなじめない」
ユキメ「そう? (もぐもぐ)こんなにおいしいのに……」

Q15:アルコールは強いですか?

憐「……俺、未成年なんだけど」
チサト「というか、全員未成年ですけどね」

Q16:好きな事は?

憐「読書。特に歴史書なんかが好きだ。ライトノベルとかも読むがな」
美奈「たまに、私と手合わせするのは?」
憐「あれはただの運動だ。腕を衰えさせるわけにもいかないからな」

Q17:嫌いな事は?

憐「そりゃあもう……」
ユキメ「いい、修一君。忍者たるもの、水を歩けるくらい出来なければダメよ。こうやって右足が沈む前に左足を……ごぶごぶ」
修一「わかりました! ……ごぼごぼ」
秋彦「どわあ、シュウ、ユキメさん!!」
瑠璃華「こういうときは、エラ呼吸を使うの!」
ユキメ「復活!」
秋彦「はや!」
ユキメ「ぐぇっほ、げっほ!!」
秋彦「復活してないし……」
憐「……バカ相手のツッコミだ」

Q18:あなたの職業は?

憐「高校生。副業でバイトもしているぞ」
美奈「私たち全員、同じバイトしてるんだよね」

Q19:あなたの使用武器は?

憐「吉祥天っていう刀を使っている。俺としてはこの刀、もうちょっと無骨な造りでもいいんだがなぁ」

Q20:魔法は使えますか?

憐「特殊能力なら」
ユキメ「直江家直伝、愛と正義のぉ!!」
霧華「らぁぶらぶ♪」
憐「ビィィィィィィムッッ!!(ユキメに向けて)」
ユキメ「オンリーミー!!(爆発)」

Q21:死んでもやりたくないことは?

憐「女装だ」
霧華「でも、身体が女性になれば、女装じゃなくて正装だよね♪」
憐「嫌だ」
霧華「どうしても?」
憐「い〜や〜だっ!!」

Q22:尊敬している人、憧れている人はいますか?

憐「これは胸を張って言える。ユキメさんだ」
ユキメ「ほへ、私?」
憐「普段はバカやってるけど、いざとなると俺たちを助けてくれて、常に笑顔で俺たちを励ましてくれる。俺たちの姉にして母の存在、ユキメさんのしてきたことは尊敬に値するさ」
ユキメ「えっへん」

Q23:あなたの周りで一番変だと思う人は? その理由も

憐「これも即答できる。ユキメさんだ」
全員(ユキメ含む)「同感」
憐「自分で言うな」

Q24:恋人はいますか? もしくは好きな人はいますか? 差し支えなければ教えてください。まあ好きなタイプでもけっこう。

憐「いない。これでいいのか?」
美奈「え〜?」
麗奈「なら好きなタイプを教えていただきたいものですわよね?」
瑠璃華「教えろ〜!!」
憐「……ノーコメント」
瑠璃華「何の! 秘奥義テレパシー。みょんみょん……」
憐「……?」
瑠璃華「かわいくって、背が低くて……男の子?」
チサト「え?」
憐「嘘をつくなーっ!!(右ストレート)」
瑠璃華「(ぎりぎりでかわして)女性の顔を狙わないでよ!!」
憐「知るか。大体、俺はフェミニストじゃない」

Q25:今一番欲しいものは?

憐「特にないな」
美奈「え? どういうこと?」
憐「俺たちは十分、ユキメさんから与えられたさ。人としての生活、人権、平穏をな」
美奈「そっか……。私たちは恵まれてたのかな?」
憐「ああ。ユキメさんのおかげでな」

Q26:あなたの宝物は何ですか?

憐「そうだな……。強いて言えば、今の暮らしと仲間だな」

Q27:あなたの野望は?

憐「この世にある全ての本を読破する、とかだな。絶対に無理だが」
美奈「夢は大きいほうがいいもんね」
憐「そういうことだ」

Q28:会ってみたい人はいますか? 無茶なものでもいいので答えてください。

憐「もう一度、父さんと母さん……輪の父親と母親と会いたいな」
美奈「無理じゃあないよ、それ」
憐「いや、無理さ。俺と輪は、もうすでに別個の人間だ。人の両親に会うわけにもいかないさ」
ユキメ「……別に、そんなので理由なんていらないでしょーに」

Q29:あなたの恥ずかしい話があったら教えてください。
憐「……」
ユキメ「きりターン!!」
憐「言うなっ!!」
美奈「でも憐君、6話の時点ではそのことを知りませんけどね」

Q30:寝るときの服装は?

美奈「は!」
瑠璃華「だ!」
ユキメ「か!」
麗奈「ですわ!」
憐「違うわーっ! 普通にパジャマ着てるっつーに……」

Q31:あなたの5年後はどうなっていると思いますか?

翔子「私が占ってしんぜよう……。たーる、たーる、貴方は悩んでーるたーる……。出たわ」
憐「うわ、嘘くせぇ」
翔子「学校……で……髪の長い女の子……美奈? うーん、大して今と変わんないなぁ」
憐「ふーん」

Q32:最後に何か一言。

憐「もうツッコミをさせないでください」
霧華「じゃあボクが出ていいの?」
憐「それは却下だ」


戻る