投稿小説だぜ

Mituyaさま作

『戦え! FANG GUNNERS!』外伝

偽りのものたち

番外編


「キャラクターさんに32の質問」

◇本多美奈編◇


Q1:あなたの名前は?

美奈「本多美奈です」

Q2:名前の由来は?

美奈「苗字は、美亜子そのもの。だけど名前に元ネタはあるよ」
憐「読者が知りたいだろうから聞くが、何だ?」
美奈「作者がネット小説で見た、『魔法少女ラスカル☆ミーナ』っていう、正義の魔法少女に無理矢理悪の魔法少女にさせられて、悪事を働かさせられるっていう内容の話なんだけど、その主人公、白瀬美奈子(しらせ みなこ)って名前から一部抜粋してるってこと」
憐「だったら、美奈子にするべきじゃないのか?」
美奈「そのつもりだったんだけど、それじゃあ美亜子に似すぎ、って理由で美奈になったんだって」

Q3:年齢と性別は?

美奈「16歳、女性です。実際年齢は数ヶ月ですけど」

Q4:家族構成を教えてください

美奈「いませんよ。オリジナルじゃあないですし」

Q5:種族及び、身体的特徴は?

美奈「憐君と同じ、改造人間のクローンです。167cm、52kg。ホントは勝手にウエーブがかかっちゃう髪形なんだけど、パーマでストレートヘアーにしてる」

Q6:一人称は?

美奈「私ですけど」
秋彦「にしてもこの作品、女性の一人称が私って多いよね」
美奈「そうですね」
瑠璃華「作者曰く、偶然によるものも多い、だってさ」

Q7:得意科目は?

美奈「体育ですよ」
ユキメ「体育が得意、って頭が悪いとほぼ同義語に聞こえるのって、何でだろうね」
美奈「……どうせ私は頭が悪いですよ」

Q8:あなたのキメ台詞や名台詞を教えてください

美奈「……うーん、何だろう?」
ユキメ「私的には、「私の邪魔をする奴……万死に値する……」っていう台詞が印象的かな?」
修一「確かに、あれは美奈殿の本心を表していたからな」
美奈「……そんなこと言いましたっけ?」
チサト「4話にそんなシーンがありましたよ。私としては「憐君のために死んでください!!」ですけどね」

Q9:座右の銘は?

美奈「……うー、国語は苦手だから、わからないよ」
麗奈「そりゃあもう、一騎当千しかないでしょう」
瑠璃華「百戦無敗とか?」
麗奈「そうそう。そんな感じのものですわね」
美奈「……それは私でもわかるよ。……ひどいです」
チサト「でも、否定はできませんよね」

Q10:あなたの長所は?

美奈「反射神経は自信があるよ」
憐「背後からの攻撃を避けるあたり、反射神経と呼べるレベルじゃねぇ」
美奈「そう? 結構簡単ですよね、チサトさん」
チサト「私も、誰にでも出来る真似だと思ってましたけど」
憐「ば、化け物が……」

Q11:あなたの短所は?

美奈「気が弱いところ、かな?」
秋彦「憐がからむと、凶暴になるところー」
チサト「強敵に会うと、見境がなくなるところー」
美奈「……」

Q12:料理は作れますか? 得意料理は?

美奈「試しましましたが、全滅です」
瑠璃華「料理全滅ペア、美奈&瑠璃華!」
麗奈「それ、自慢になりませんですわ」
美奈「だってだって、肉じゃがを作ろうとしたのに、作り終わったら調味料が全部消失して、鍋が大破するんですよ!」
チサト「……何故鍋が大破する?」
瑠璃華「え? 普通料理すると、鍋ってなくなるものじゃないの!?」
麗奈&チサト「なくなるかぃっ!!」

Q13:好きな食べ物は?

美奈「五島軒のチキンカレーが好きです。鶏肉とカレーが好きなんですよね」

Q14:嫌いな食べ物は?

美奈「納豆が嫌いだった、かな?」
修一「ふむ、過去形か」
美奈「うん。ユキメさんが、おいしい納豆の食べ方を教えてくれて、それで食べられるようになりましたし、毎日食べて健康は維持してますよ」

Q15:アルコールは強いですか?

美奈「未成年なんですけど……」

Q16:好きな事は?

美奈「うーん……。運動、かな?」
瑠璃華「えー!? みーなちゃんの本当に好きなことは、憐と一緒にいることでしょ?」
麗奈「憐さんと一緒にいるときは、こっちが恥ずかしくなるくらい、満面の笑みですものね」

美奈「……(顔が茹蛸)」

Q17:嫌いな事は?

美奈「苗字で呼ばれること。これは皆がそうなんじゃないかな?」

Q18:あなたの職業は?

美奈「高校生で、兼業でバイト」

Q19:あなたの使用武器は?

美奈「これだよ(どこからともなく取り出す)」
チサト「(某青タヌキ風に)り〜ん〜ご〜き〜り〜」
ユキメ「ま、まさかチサトちゃんがそんなベタボケを……」
美奈「いつの間にか、この槍の名前、変わってますけどね」

Q20:魔法は使えますか?

美奈「特殊能力なら、ありますよ。憐君が水に対し、私は金の属性を持ってます」
憐「金の属性は、いわゆる金属に関わる能力。石や隕石などといった能力のことだな」

Q21:死んでもやりたくないことは?

美奈「……」
憐「美奈?」
ユキメ「説明しよう!! 美奈ちゃんが死んでもやりたくないことは、憐君を他の女性にとられることなのである!!」
瑠璃華「もちろんそのことを、本人の前で言えるはずも無く、黙っているのだ! 以上、説明終わりっと」

Q22:尊敬している人、憧れている人はいますか?

美奈「私のパパ……ううん、美亜子の父親」
憐「……」
美奈「槍術使いとしての、私の憧れ……」

Q23:あなたの周りで一番変だと思う人は? その理由も

美奈「ユキメさんしかいな……あ、霧華がいたっけ……」
霧華「えー? ボクが変なの? もしかして、ボクに変してる?」
ユキメ「……それって、恋してるの間違い?」
美奈「(えらく冷たい声で)消えろ、霧華」
麗奈「……それがみーなさんの素ですか?」

Q24:恋人はいますか? もしくは好きな人はいますか? 差し支えなければ教えてください。まあ好きなタイプでもけっこう。

修一「好きな人か」
麗奈「好きな人ね」
秋彦「なるほど」
瑠璃華「そりゃあね」
ユキメ「若いわねぇ」
チサト「納得です」
憐「(一斉に見られて)?」

Q25:今一番欲しいものは?

美奈「両親、かな? 友達の両親を見てると、私も、って思うことがあるから……」
憐「やっぱり、美亜子の記憶を引きずってるのか?」
美奈「そうかもしれない……」

Q26:あなたの宝物は何ですか?

美奈「皆との思い出。わずか数ヶ月の間だけど、皆と一緒にいる間の記憶は、私の宝だから」
秋彦「うれしい言葉だね」
憐「ああ」

Q27:あなたの野望は?

美奈「美亜子を完膚なきまでに叩き潰すこと」
チサト「ぶ、物騒ですね……」
美奈「オリジナルを超える。これは、皆の一致した思いですよ」
チサト「そういうものですか?」
美奈「そういうものです」

Q28:会ってみたい人はいますか? 無茶なものでもいいので答えてください。

美奈「パパとママに、もう一度だけでも……」
チサト「はい、質問。何で、両親の記憶があるのであれば、当然魔王クラーマは聞き出して、人質にとるなり何なりしますよね? それなのに何故、魔王クラーマはセンゴクマンの家族を襲わないのですか?」
憐「それは、俺たちがそれを思い出したのがつい最近だからですよ」
チサト「え?」
憐「日常生活に触れて、それに呼応してオリジナルの記憶を引き出せたってことです。それまでは、組織で戦うことだけを教えられてましたから、思い出すこともなかったみたいで」

Q29:あなたの恥ずかしい話があったら教えてください。

美奈「……実は、素っ裸で憐君の前に出てしまって、全てを見られたことが」
麗奈「ぶっ!! そ、それは救われませんわね……」
美奈「しかも、憐君は恥ずかしがる様子もなくって……」
瑠璃華「うーん、やっぱり憐って男好き?」
憐「違うっ!! 大体、俺と美奈……正確には輪と美亜子は昔、一緒に風呂に入ったこともあっただろうが!!」
美奈「そ、それでも、そのときとは私たち……輪と美亜子はまだ子ども……」
秋彦「ま、おあついことで、ってね」

Q30:寝るときの服装は?

美奈「パジャマですけど」
麗奈「しかも、ちょっと少女趣味の入ったやつですわね」
美奈「い、いいじゃないですか!!」

Q31:あなたの5年後はどうなっていると思いますか?

翔子「では私が占いましょう。マサラマサールトリピッピ、カプサイシンは新陳代謝をヨクスルノーネ」
美奈「ほんと、嘘くさい占いですね……」
翔子「でたわ。……憐君と一緒……ってほとんど今と変わらないわね。でも、二人っきりのときが多いかな?」
美奈「そ、そうですか……」

Q32:最後に何か一言。

美奈「これからも、応援よろしくおねがいします」


戻る