陰陽五行戦記番外編

直江輪設定集


イメージイラスト(画:捜し屋)

直江輪、日常時の設定
氏名 直江輪(なおえりん)
年齢/誕生日 16歳/12月1日
身長/体重/血液型 179p(まだ成長期)/69s/AB型
容姿 クールなハンサム。
女好きのする顔をしているのでかなりモテる。
180p近い長身は武道家らしく隙が無く、背筋に鉄心を入れているかのように威風堂々とした振る舞いをする。
所属 函館白楊高校2年3組。部活動は無所属。ただし、警察道場で剣道を修行中。
特技・資格 剣道二段。柔道、空手も黒帯レベル。
函館最強の警察官である前田刑事と仲が良く、彼から剣道、柔道、空手など諸々の格闘技を叩き込まれた。
故に武道に関しては並みの相手では太刀打ちできない程の実力を持っているのだが、相変わらず美亜子には勝てないらしい。
学校での成績は常に上位。得意科目は日本史、世界史、国語、体育。苦手科目は特になし。
趣味・嗜好 歴史マニア。特に中国の三国時代、日本の戦国時代と幕末に詳しい。
司馬遼太郎氏の歴史小説を愛読している。
その意味では歴史マニアにして歴史小説フリーク。
放課後や休日に図書館で歴史小説を借りてくるのが日課と化している。
性格 クールでニヒル。正義感が強く、若干考え方が古風なところがある。
しかし、その割には勝負事となると燃えてしまうところがあり、その点では(本人は否定するだろうが)美亜子から受けた影響大。
負けず嫌いなので意外と乗せられやすい性格かもしれない。
ただし、非常なモラリスト(道徳主義者)なので卑劣な暴力行為や人を傷つけるような事には正義の怒りが爆発する……らしい。
上杉綾瀬を前にすると下僕と化すという話もある。
家族 警察署に勤める厳格な父と現在入院中の優しい母。
兄弟はいないが、幼なじみにして兄妹同然で恋人(?)の上杉綾瀬が隣の家に住んでいる。
座右の銘 「愚者は体験で知り、賢者は歴史に学ぶ」
短所 考えすぎ。
苦手なもの 恋愛(笑)、茄子。
交友関係 隣の家に住む幼なじみで恋人(?)の上杉綾瀬。
これまた小学生入学前からの腐れ縁、武術に関する最大のライバル本多美亜子。
中学時代の親友、安田秀俊。(未登場)
高校では同じクラスの真田淳二、伊達春樹、石田尚貴、大谷次生、島勝智らと行動することが多い。
特に石田とは仲がよい模様。
一年生の時のクラスメイト黒田、藤堂、細川といった面々とも交遊あり。
女性の友人では美亜子以外特に仲良くしている子はいない。
というのも、綾瀬以外の女性は基本的に眼中にないためである。
服の好み 色は黒。もちろんジーンズも黒。スーツ系のジャケットをひらひらさせるのが好き。
口癖 「やれやれ」
一人称/二人称 俺/お前
他のキャラへの呼び方 綾瀬、美亜子、武田、淳二、明智、春樹。
もう少し深い性格設定 実は自分以外の人間はほとんど馬鹿だと思っている。
そういう考え方を多少自己否定しつつも他人をクールに見れる自分の賢さを結構好きなのでちょっと複雑。
その分自分を頼ってくる相手に弱い。
どんな状況でも自己批判を繰り返し、また同時に他人を批判する眼を常に持っている。
その辺がニヒルに思われがちだがどっこい結構なモラリスト。
正義感は人一倍強く、大義名分を気にするタイプ。
ただし、自分の大事なもののためなら暴走してしまうというちょっと危ない部分もある。



直江輪、変身時の設定
外見 一言で説明すると薄ぼんやりとした煙にも似た“闘気”に包まれた鎧兜姿。
詳しい名称は「薄浅葱糸威最上胴具足」。金の胸板に色々縅、それ以外は黒一色の装い。
全身を覆う闘気の色は黒。
何より目に付くのは金箔押の「愛」の一字の前立の兜。名称は「愛の字浪前立六十二間筋兜」
黒縁で白の陣羽織の背中にも大きく“愛”の一字。
霊力の源 直江兼続の兜
特徴 高い防御力はメンバー随一。
五行の力
(文字通り水を操る力や、冷気で攻撃する技などを覚えていく予定)
メインウェポン 刀(恐らく備前兼光の銘刀)
源満仲の持つ退魔の太刀“膝丸”と打ち合っても折れなかった。
通常技の解説 特に目立った技を繰り出すわけではなく、どちらかといえば地味に戦う。
あえて挙げるとすれば以下の3つ(どれも修行中)。
1:流水(流水のような素早い足裁きで敵に接近し、低い体勢から大きく腕を伸ばし、 相手の足元から浮き上がるような、防御が難しい神速の斬撃を見舞う)
2:月雲(まず居合いの構えから気配フェイントで相手を惑わし抜刀。 そして手首を狙って居合いから攻撃。 その後、流れるように相手の面を打つ軌道と見せかけて 突きに転じる)
3:氷雨(相手の動きを惑わす超フェイントから、重要器官を狙って二段突き)
4:雨露霜雪(低い姿勢で一足飛びにジャンプし、その勢いで重要器官に突き。 その後、一歩離れると同時に身体を一回転させて大フェイント、 そのまま喉を狙って斬撃を浴びせる)
必殺技の解説 1:強烈な冷気
常人なら一撃で全身凍傷の上行動不能にさせるほどの威力。
刀による攻撃の追加ダメージ扱い。
2:護身氷壁
手をかざすと氷の盾が出現。
主に防御用の技。
3:氷刃投射
刀を振るうと冷気の刃が飛び、相手を切り裂く。
いわゆる飛び道具となる技。
超必殺技の解説 秘密。本人も使いたがらないが、その理由は“恥ずかしいから”


戻る