陰陽五行戦記番外編

武田広奈設定集

イメージイラスト(画:捜し屋)

武田広奈、日常時の設定
氏名 武田広奈(たけだひろな)
年齢/誕生日 16歳/10月28日
身長/体重/血液型 159p/45s/O型
容姿 丁寧にカットされたさらさらのショートヘア、儚げな美貌、鈴を鳴らすような美声の豪華3点セット。
一言でいうと、超がつく美少女。
所属 函館白楊高校2年3組。部活動は演劇部、合唱部、弓道部を掛け持ちしている。
特技・資格 その歌唱力は世界レベル。
ヴァイオリン、フルート、ピアノを弾きこなし、絶対音感を持つ。
その他、華道、茶道、詩吟、書道も一通りマスター。
また、演劇の実力もプロ並みである。
英語の他フランス語も多少話せる。
また、弓道の他、乗馬も得意で、古今東西の文学に対する造詣も深い。
これらは全て幼い頃からの英才教育の賜物である。
学校の成績は輪よりも上、つまりトップクラス。得意科目は音楽、英語。苦手な科目は特にない。
趣味・嗜好 音楽、演劇に関することなら何でも好き。
その他様々な習い事を日々忙しくこなしている。
それが趣味といえば趣味である。
もちろん忘れてはいけないのが“食べること”
性格 名実ともにお嬢様である。
どんなときにも慌てず騒がず、心のどこかで常に余裕を持っている。
その辺が超マイペース人間に見える。
基本的に性善説の信奉者で、世の中に根っからの悪人はいないと考えている。
また、相手の感情の機微を見抜くセンスは卓越している。
困っている人を放っておけないタイプ。
家族 世界的な指揮者である父親とこれまた有名な劇作家である母親。
兄弟はおらず、世界中を飛び回って家にいることが少ない両親に変わって初老の執事板垣さんが幼い頃から広奈の面倒を見てきた。
座右の銘 「一期一会」
短所 ほとんどないが、強いて言えば忙しすぎるところ。
苦手なもの 特になし。
交友関係 容姿、家柄、才能、全てが完璧過ぎるためか、同姓からはちょっと敬遠され、男性からは高嶺の花としてもてはやされる…。
そのため本当に心を開けるような友人はいないと言ってもいい。
真に心を開ける相手は執事の板垣のみかもしれない。
白楊高校内には武田広奈ファンクラブが存在しており、なかでも2年4組の高坂、山県、馬場、内藤の4人はFC四天王と呼ばれる存在。
服の好み ひらひら、フリル付きお嬢様系。大体白かベージュでコーディネート。白い帽子あるいは白い日傘。常にロングのスカート。
当然すべてブランド品。サザビーとかエルメスとか(笑)
口癖 「まぁ」
一人称/二人称 わたくし/あなた
他のキャラへの呼び方 輪さん、美亜子さん、淳二さん、瑠華さん、春樹さん。
もう少し深い性格設定 ひたすらマイペース、それは自分に絶大な自信があるから。
どんな状況でも自分を見失わず、自分自身を確立し、そんな自分を誰よりも自分が分かっていて好きでいる。
ある意味ナスシスト的な余裕。他人の目をあまり気にしないでいる。
その辺が実は美亜子とは正反対。
生まれたときからお嬢で特に努力しなくても愛され、他人に認められ、居場所を確立してきた彼女ならでは。



武田広奈、変身時の設定
外見 薄ぼんやりとした煙にも似た黄金色の“闘気”に包まれた鎧兜姿。
他の4人と比べても明らかに様式の異なる古風な鎧。
甲斐の武田氏の重宝として伝わる、新羅三郎義光の鎧、小桜韋縅大鎧、通称“楯無”の鎧。
金箔をふんだんに使った鎧と同じく金色に輝く鍬形の兜。
霊力の源 “楯無”の鎧
特徴 弓矢を使っての遠距離からの援護攻撃専門。
全体的に攻撃力、守備力ともに低い。
五行の力
五行の土は方位では中央、季節では土用。つまり、他の4つの力も併せ持っている。
故に必殺技である『風林火山』が使用できる。
メインウェポン 弓矢
通常技の解説 普通に弓矢を使っての攻撃のみ。
近接戦闘は基本的にしない。
本編15話以降は陰陽道を使えるようになるので、各種方術でも戦えるし、式神を使って攻撃も可能。
必殺技の解説 1:霊気の矢
矢をつがえなくとも輝く黄金の霊気が矢と化して相手を貫く。
超必殺技の解説 『風林火山』
猛烈な暴風と共に、舞い散る木の葉や木の枝が相手にざくざく刺さり、さらに地面から噴き出した灼熱のマグマが相手を燃やし尽くす。
技が終わったあとはその余韻で、広奈の周りを木の葉がひらひら舞う。


戻る