陰陽五行戦記おまけ劇場第四弾



『広奈様がみてる』



私立ポプラ女学園。
戊辰戦争時の蝦夷共和国が遺した忘れ形見とも言える函館最古の学園は、和魂洋才の令嬢を育成する正真正銘のお嬢様学校である。
混じりっ気なし、鮮度100%の温室育ちのお嬢様が集う、そんな学園にはある伝統が息づいていた。
遥かな昔から伝えられし、(なぜか)義侠の精神を色濃く残す『義姉妹』というシステム。
桃の木の下で、天地神明に義姉妹(ぎきょうだい)となる事を誓い合う儀式を行い、以後は姉(グラン・スール)である先輩が、妹(プティ・スール)である後輩を指導するのである。
このシステムによって、学園生活の秩序と自律は生徒自らの手にゆだねられ、新撰組の局中法度のような厳しい校則がなくても、清く正しく美しい学園生活が代々維持されてきたのである。
そんな生徒の自治が尊重される校風の為、白楊会と呼ばれる生徒会は、自然強大な権力を持つようになり、その3人の幹部は代々

白戦国さま(センゴク・ギガンティア)
紅戦国さま(センゴク・キネンシス)
黄戦国さま(センゴク・フェティダ)
と呼ばれ、権勢を振るってきた。
またその後継者と目される、三戦国さまの“妹”は

白戦国のつぼみ(センゴク・ギガンティア・アン・ブゥトン)
紅戦国のつぼみ(センゴク・キネンシス・アン・ブゥトン)
黄戦国のつぼみ(センゴク・フェティダ・アン・ブゥトン)
と称される。

彼女、伊達春子も、そんなポプラ女学院に通うごく平凡で、ちょっと不幸な一年生だった…。


◇出演◇


紅戦国のつぼみの妹
(センゴク・キネンシス・アン・ブゥトン プティ・スール)

伊達 春子

紅戦国のつぼみ
(センゴク・キネンシス・アン・ブゥトン)

明智 瑠華

紅戦国さま(センゴク・キネンシス)

片倉 真理

黄戦国さま(センゴク・フェティダ)

武田 広奈

黄戦国のつぼみ
(センゴク・フェティダ・アン・ブゥトン)

直江 輪子

黄戦国のつぼみの妹
(センゴク・フェティダ・アン・ブゥトン プティ・スール)

上杉 綾瀬

白戦国さま(センゴク・ギガンティア)

本多 美亜子

白戦国のつぼみ
(センゴク・ギガンティア・アン・ブゥトン)

小十 郎子

写真部のエース

真田 淳子

春子のクラスメイト

一条 摩訶那

先生

立花 なつめ


広奈様がみてる

黄戦国革命

いばらの城

センゴク・カニーナ



戻る