『大騒ぎの連弾』



ここは女子高。

当然、うわさが広まる早さは新型肺炎もびっくりである。

たった一日しか経っていないのに、春子が瑠華さまを振ったことは全校生徒に知るところとなった。

地味で目立たなく、平凡が制服を着て歩いているような春子だったが、わずかの間にいきなり有名人に…。

「はぁ、みんなが帰ってから帰ろうかな…。じろじろ見られたりするのは嫌だし」

と、春子は掃除のあとも音楽室に一人残り、手持ち無沙汰にピアノをポロンと弾いてみた。

右手だけで、記憶をたどるようにワンフレーズ…。

(あれは白楊会主催の一年生歓迎式のとき)

もやもやもやもや…(回想シーン)


avem.mid
(提供Crystal Windさま。これが原曲です)

そう、あの時白楊会を代表して、瑠華さまが新入生の為にオルガンでグノーの『アヴェ・マリア』を弾かれたのだ。

で、たちまち新入生を凍りつかせた。

そうなのだ。瑠華さまの演奏はテンポといい、音階といい、とにかく4次元的な外れ方をしていて、まるでジャイアンの歌のようにみんなに多大なダメージを与えたのだった。

もはや原曲の面影は全くなかった。瑠華さまのは『苦悩のアヴェ・マリア』だ。

今にして思えばあの日こそ、春子が瑠華さまの事を初めて知った日だったのだ。

あの時は、瑠華さまや白楊会の皆さまのことを、まるで雲の上の人のように感じたものだった。

自分のような、何の取り柄もない平凡な子が、あの方たちと関わることはないだろう、と。

それが、何をどう間違えたらこんなことに…。


「はぁ…」

がっくりとため息。

と、誰もいないはずの音楽室なのに、突然春子の背後からすっと手が伸びてきて、ピアノの鍵盤に触れた。

「あぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!??」

当然春子は飛び上がらんばかりにびっくりした。

「なんて声を出すのだ…。まるで鵺にでも襲われたようではないか」

呆れたような瑠華さまのお声。

しかし、完璧に気配を消して音楽室に入ってくるとは、瑠華さまもお人が悪い。

「おっ、音も気配もなく背後から手が伸びてきたら、誰だって悲鳴を上げます、瑠華さま」

瑠華さまは春子の抗議には耳を貸さず、マイペースでこうおっしゃった。

「弾け。もう一度だ」

「あっ、あの…」

「1、2、3、ホイッ」

(ホイッって何ですか、瑠華さま〜!?)

春子、気が弱いので心の中でこっそりツッコミ。

そして内心の動揺を抑えながら右手一本で『アヴェ・マリア』の主旋律を奏でる。

瑠華さまは左手でその伴奏を…

(って、全然外れてますぅぅぅぅ)

とてつもない不協和音が、音楽室に響き渡る。

(はぅぅぅぅぅぅぅ)

春子、気が弱いので心の中で号泣。

完璧な美貌を誇る瑠華さま、しかし音楽だけは駄目駄目だった…。

で、ついに春子は耐え切れなくなって演奏をストップした。

「や、やっぱり駄目ですね…。瑠華さまにはついていけません」

引きつる顔をどうにか愛想笑い程度に整えて、春子はようやくそう言った。

瑠華さまだって、もうこれ以上はこのひどい不協和音地獄に耐えられないはず…。

「そうか? この上なくすばらしい演奏だったが?」

「はぅっ」

春子は思いっきり突っ伏し、その拍子におでこを鍵盤にぶつけた。

ゴイーーン♪

そして、音楽室にひときわ派手な不協和音が響き渡ったのだった。


続く



続きを読む 戻る