GT4 峠最強伝説


最強チューニングカー決定戦その 4(1500万)



◇今回の出場マシン◇

アミューズ S2000 R1 '04(Cr. 15,000,000)
オペラ パフォーマンス S2000 '04(Cr. 15,000,000)
マインズ ランサーエボリューション Y '00(Cr. 15,000,000)
ニスモ フェアレディZ Z-tune(Z33) '03(Cr. 15,000,000)

さぁ、峠最強伝説チューニングカー編もだんだん佳境に入ってきました。
今回登場するのはすべて1500万のマシン4台。
その中でも、やはり目を引く魔王S2000。ニュル4時間耐久のお供として、すでにその速さと楽しさは実証済み。
下馬評では、こいつが圧倒的に有利。
その他の3台の中に、魔王を脅かすほどのマシンはいるのか?
要チェックや!


アミューズ S2000 R1 '04(Cr. 15,000,000)
駆動方式FR 最高出力263ps 車重1120kg
タイム 7'31.251 う〜ん、素晴らしい。実に乗りやすい。
よく曲がるしよく止まる。しかもギア比も程よくクロスしていて全くストレスが無い。
まさにニュルを攻めるために生まれてきたマシンだ。
“峠の魔王”の称号は伊達じゃない。
それにしても、こいつに乗るとあの難コースのニュルが、走り慣れた庭のように走行できてしまう。
ニュル4時間耐久のお供に、やはりこれは一押しだ。
ちなみに最高速は、248キロ。
楽しさ ☆☆☆☆☆ もちろん満点。
ただ、印税S2000のような、滑らせて走る楽しみを味わえない。
あまりにもスタビリティがよく、マシンが安定しているので、とにかく高いスピードでグリップ走行が出来てしまう。
タイムアタックや、コースの攻略法を探すときなんかには、こいつはぴったり。
限界も高いし、無理をしても簡単に体勢を立て直せるのでとにかく扱いやすい。
いいマシンだなぁ。
エンジン ☆☆☆☆☆ こちらも非の打ちどころはない。
音もいいし、パワーの出方も実に素直。
特にギア比がニュルとよく合っていて、普通のマシンなら2速まで落とすところでも、平気で3速のまま曲がれてしまう。
ひとつにはギアがクロスしているから、もうひとつには、他のマシンではありえないスピードでも平気でコーナリングできるから。
これは爽快そのものだ。


オペラ パフォーマンス S2000 '04(Cr. 15,000,000)
駆動方式FR 最高出力274ps 車重930kg
タイム 7'16.334 ほとんど想像を絶するようなタイムが出てしまった。
こいつは速い…。驚くばかりの走りだ。
さて、このマシンの一番の特徴がウェイト。とにかく軽い。
1トンを切って930kgしかない。
しかも、これまでのマシンと違い、最初からダウンフォースの設定が可能。
デフォルトでは0,0だったが、コースからはみ出さないように、オーバーを出して体勢を乱さないように、ダウンフォースはMAXにして走るのがここでのたしなみ(?)
というわけで、ちょっとルールを曲げて、今回はダウンフォースを30,30にして走ってみました。
そしたら、もう、ほとんどレーシングカーの走りですよ。
最高速は263キロ。
スウェーデン十字路を260キロのまま全開でオンザーレール。
…ありえない。
ちなみにこのタイムはGT300クラスのマシンの何台かを食ってます。
…ありえない。
楽しさ ☆☆☆☆☆
☆☆
規格外の速さ、そして楽しさです。
魔王S2000がとにかく安定志向で、乗りやすさが抜群なのに対し、こいつはキャラクターが逆。
とにかく速さを追求し、チューニングカーというよりは、レーシングカー。
ただし、限界ギリギリでの挙動がピーキーなため、スピンの危険性が常に伴う。
言うなれば、誰でも速く、楽しく走れるのが魔王。
腕に覚えがある人が、驚くほど速く走らせることが出来るのが、このオペラS2000だ。
こいつが一台あれば、GT300クラスのマシンが要らないかも…。
エンジン ☆☆☆☆☆ このエンジン音もいいね。
魔王よりちょっとだけ甲高い感じで、まさにレーシングカーのエンジンだ。
ギア比は魔王とほぼ同じ。
しかし、その軽さから、全体的なスピード域はこちらのほうが上。
エンジンもバリバリに回してやろう。


マインズ ランサーエボリューション Y '00(Cr. 15,000,000)
駆動方式4WD 最高出力400ps 車重1210kg
タイム 7'27.319 タイムは出たが、マシン自体の仕上がりには不満が残る。
ギアは5速だが、4速までがクロスすぎ。ミッションの交換は必須だ。
デフォルトだと、260キロでリミットに当ってしまい、それ以上加速してくれない。
そして、これは比較対象が悪いのだが、魔王、オペラとコーナリングの化け物2台の後なので、とにかく曲がらなく感じる。
S2000が余裕で行ける所で、アンダーが出てしまったり、コースアウトしてしまったり…。
しばらく走れば、このマシンなりの限界や、走らせ方が分かってくるので、まぁ、それなりに速く走らせることが出来た。
とはいえ、買ってすぐに楽しめるマシンではない。
楽しさ ☆☆☆ まぁ、駆動方式の違いもあるし、アンダーが出てもしょうがない馬力を発生させているので、これでも甘くつけているほうだ。
とはいえ、同じお金を払うなら、やはりS2000のほうがはるかにいいだろう。
どうせなら、このマシンはノーマルのランエボと比較するほうがフェアといえる。
エンジン ☆☆☆ パワーは申し分ないが、ギア比が合っていないので、その点非常にもったいない。
さぁ、皆さんご一緒に“モッタイナイ”。
サウンド自体は、それほどとがっていない感じ。
まぁ、走った後で記憶に残らないような、ごくごく自然で特徴の無い音といえる。


ニスモ フェアレディZ Z-tune(Z33) '03(Cr. 15,000,000)
駆動方式FR 最高出力390ps 車重1250kg
タイム 7'16.960 最高速は285キロ。さすがは390ps。
タイムも出たが、意外にもギリギリのところでオペラには及ばず。
このマシンは、隠れアンダーがよく出る。
すなわち、コーナーへの進入はスムーズなので、普通に全開で抜けようとすると、なぜかマシンがコーナーのアウト側に膨らんでしまい、コースアウト…。
入り口からアンダーだったら、それなりに速度をセーブするのだが、なまじターンインが素直なだけに、この落とし穴についついはまってしまう。
結局3周走っただけでは、ノーミスのラップが出来なかった。
どこかでアンダーを出して、タイムをロスしてしまう。
そういう意味では、限界ギリギリを探りながら走るタイプの人ほど、このマシンは乗りにくく感じるかもしれない。
とはいえ、挙動はマイルドだし、足も申し分ないので、普通に乗る分にはかなり速く走れるだろう。
あるいは、この隠れアンダーがでるという癖を分かった上で操れば、さらにタイムアップが狙えると思われる。
ま、少々慣れるのに時間がかかるマシン。
完全に慣れれば多分オペラより速いタイムも出るでしょう。
楽しさ ☆☆☆ この隠れアンダーが楽しさをスポイルしてしまっていて、それが減点対象。
まぁ、もともとのコーナリングスピードなんかは、S2000に負けているから、結局パワーで直線のタイムを稼ぐことになる。
その意味では、腕の振るい甲斐があんまり無いかな。
単に私の趣味の問題だが、ここまでパワーがあると、アンダーが怖くてあんまり楽しくない。
かといってドリフト走行がしやすいか、というとそんなことも無いから中途半端なのだ。
エンジン ☆☆☆☆ と、言いつつも、エンジンの出来はいいんだよなぁ。
音も悪くないし、ギア比も合ってるので、パワーの出方もいい感じ。
かなり乗りやすいマシンに仕上がってる。



総括

とにかく、2台のS2000があまりにも良すぎる。
ニスモのZやマインズのランエボも、それ単独で見れば、かなりいいマシンなのだが、比較対象が悪かった。
特に驚きなのが、オペラS2000のタイム。これは驚異的。
これまで乗ってきたチューニングカーの中でもトップタイム。
多分私がまだニュル初心者の頃だったら、魔王を絶賛してオペラを難しい、と判断していたかもしれないが、今ならオペラのほうが好ましく思えるようになっている。
そういう意味では、乗り手のレベルに採点が左右される2台と思われる。
読者の方も、自分のレベルをはかる試金石として、この2台を乗り比べては如何だろうか。


おまけ。
嵐を呼ぶAIレーサー、直江B続にも走らせてみました。
マイペースで走らせて、1周目に出たタイムで比較。
魔王S2000:8'11.639
オペラS2000(ダウンフォースなし):7'57.346
オペラS2000(ダウンフォースあり):7'54.137
マインズエボ:8'02.460
ニスモZ:7'45.828

さてさて、私が走ると互角だったオペラとニスモが、B続にかかるとすごい差が…。
やはりB続にはある程度パワーのあるマシンを与えたほうが、タイムを出してくれる、というわけらしい。
せっかくのコーナリングの化け物も、真価を発揮できないのではモッタイナイ。
さぁ、皆さんご一緒に“モッタイナイ”。

この企画、まだまだ続くぞ。



オペラつながり。その2



本日の更新、いかがでしたか? お気に召しましたら押してやってくださいませ。

ご意見、ご感想、次に走り比べて欲しいマシンのリクエストなどありましたら、総合掲示板まで。

実車での活躍は『嵐を呼ぶレース参戦記』をご覧ください!

戻る