GT4 峠最強伝説


D1GP最速マシン決定戦



◇今回の出場マシン◇

BP FALKEN RX-7(D1GP)'03
HKS GENKI ハイパーシルビア RS2(D1GP)'04
BLITZ ER34 D1 spec 2004(D1GP)'04

ご存知の方はご存知、知らない人は全く知らないD1の世界。
全日本プロドリフト選手権に参戦しているマシンのうち、GT4に登場したのがこの三台。
どれも本来はリアを滑らせて楽しむマシンだが、じゃあ、普通にニュルでタイムアタックをしたらどれが一番速いんだろう?
そんな疑問に嵐を呼ぶレーサーがお答えします。


BP FALKEN RX-7(D1GP)'03
駆動方式FR 最高出力410ps 車重1230kg
タイム 7'34.926 2003年の村尾慎吾選手のマシン。
最高速285キロはGT300クラスのどのマシンより速い。さすが400馬力オーバー。
しかし、タイヤはデフォルトがスポーツのソフトなので、さすがにスリックを履いたGT300クラスのタイムには及ばなかった。
…もっとも、私の技量が足りず、何度かコースアウトを喫してしまったから、本当はもっと速い。
楽しさ ☆☆☆☆ もちろんGT300シリーズほどのコーナリングスピードはなく、タイヤもスポーツのソフトなので、速く走ることを求めてはいけない。
むしろ、一つ一つのコーナーで、微妙にリアを流しながらドリフトとグリップの中間くらいで走ると本当に楽しい。
ターンインでまったくアンダーが出ないので、コーナーを気持ちよく曲がれる。
ただ、ピーキーなFCがベースなので、やっぱり無理をするとあっという間にスピンモードだ。
エンジン ☆☆☆☆ ちょっと前のロータリーターボがベースのはずだが、パワーの出方も回転数の上がり方も実にスムーズだ。
音も、悪くない。


HKS GENKI ハイパーシルビア RS2(D1GP)'04
駆動方式FR 最高出力483ps 車重1130kg
タイム 7'28.214 D1GP初代王者、谷口信輝選手のマシン。
スピンして10秒くらい損しているはずだが、このタイム。
恐ろしく速い。
というか、加速がすごい。
3速でもアクセルを全開にするとホイールスピンを誘発するので、結構気を遣う。
3周走ったが、一度もまともに無事故で帰って来れなかった(笑)
惜しむらくは、ギアがクロスな上に5速ミッションなので、240キロ位でレブに当ってしまいそれ以上の速度が出ない。
結局最高速は246キロどまり。
ギア比を変え、スピンしないで走りきればタイムが20秒は縮まると思う。
楽しさ ☆☆☆☆ 楽しいというか、ゲームだからこそ乗れるタイプのマシン。
現実でこんなのに乗ってたら、命がいくらあっても足りません(笑)
ありとあらゆるコーナーでパワーオーバーを出せちゃう。
ほとんどアンダーとは無縁だし、結構高速コーナーでもスムーズに曲がれちゃうので本来はすごく速いマシン。
乗りこなせれば…。
エンジン ☆☆☆☆☆ こんなに暴力的に加速するとは思わなかった。
つまり、こちらの想像以上。多分いくらでもドリフト状態を維持できるんだろうなぁ。
もうちょっとグリップのあるタイヤを履かせて、ダウンフォースも最大にして走れば、その辺のレーシングカーなんか、軽くカモれそう。
エンジン単体の素性は、文句のつけようがない。
音もしびれます。


BLITZ ER34 D1 spec 2004(D1GP)'04
駆動方式FR 最高出力476ps 車重1180kg
タイム 7'22.120 D1GP随一のエンターティナーにして、唯一の4ドアマシン優勝者(確か)。 のむけんこと野村謙選手のマシン。
3台中唯一の6速ミッションがついとるとです。
で、最高速は290キロを記録したとです。
しかし、これまた唯一ダウンフォースの設定が出来んとです。
ただ、ドリフト中にアクセルを一瞬緩めると、すぐにトラクションが回復するのが素晴らしかです。初心者が扱いやすかマシンとです。
コーナーの入り口で流し、クリップを過ぎてからアクセルを緩めてゼロカウンターで立ち上がる、という一番速いドリフトが出来るとです。
ステアリングフィールも3台中一番いいとですよ。
速いけど扱いにくい感じは無かとです。
…といいつつ、3周走って一度もまともに帰って来れんかったとです。
ミスなく走れば、やっぱり20秒くらい速く走れそうだったとです。
楽しさ ☆☆☆☆ すごいドリフトより、速いドリフトのほうが、得意分野だと思うとです。
ほんとうは、モクモクとタイヤスモークを上げるような走りをしなきゃいけないじゃなかですか。でもうまくいかんとです。
ニュルよりも低速コーナーが連続するテクニカルで小さなサーキットのほうが楽しいんじゃなかですかね。
エンジン ☆☆☆ ええと、正直このエンジンの音は、尺八とかフルートを吹いてるような感じで、あまりやる気が出ないとですよ(笑)
パワーは非常によく出るし、アクセルコントロールでトラクションのかけ方も簡単に調節できる点は評価したいとです。



総括

う〜む、正直企画失敗(^^;
まともにニュルでこの3台を走らせて、タイムを競わせるだけのドラテクが、私には足りてない。
出たタイムはベストラップとは程遠いし、せめてもう少しニュルでのハイパワー車の走らせ方を練習してから挑めばよかった。
とは言うものの、今の私のレベルでしか楽しめない走り、というものもある。
今日この日に出たタイムは、今の私の実力、と素直に割り切り、もっと練習してからまたリベンジしよう。
走らせるマシンは3台だけだし、そのうちもう一度タイムを出しなおして公開します。
さて、このD1車両は、もちろんタイムを狙って走っても楽しいが、やはり適度にリアを滑らせて走るともっと楽しい。
そして迫力のあるドリフト写真を撮りたいなら、今回の3台をつれて、サーキットに写真を撮りに行こう。


おまけ。
嵐を呼ぶAIレーサー、直江B続にも走らせてみました。
マイペースで走らせて、1周目に出たタイムで比較。
FC:7'38.391
シルビア:7'33.426
ER34:7'39.913

ちゃんとシルビアを一番速く走らせてる…。
やるなB続!

この企画、まだまだ続くぞ。



大迫力の、D1ドリフト。


小マカナ! リフティングターンだ!


ご意見、ご感想、次に走り比べて欲しいマシンのリクエストなどありましたら、総合掲示板まで。

実車での活躍は『嵐を呼ぶレース参戦記』をご覧ください!

戻る