グランツーリスモ4


◇実録『嵐を呼ぶGT4プレイ日記』◇


「B-spec成長記録」



最終更新日1月16日。クリックするとそこの記事に飛びます
日数コメント残金
B-spec成長記録
1月7日更新
RX-8カップ
(1年目の)
7月5日
これまでのあらすじ。
必死にスーパーライセンスに挑戦していた私こと、嵐を呼ぶレーサー直江雨続だが、なんとGTForce-Proが壊れてしまい、しばらくは自分で運転することが出来なくなってしまった。
そこで、これを機にB-specモードのAIを鍛えておくことにしたのである。
果たしてAI君は私を超える名ドライバーに成長できるのか、乞うご期待である。

あらすじ終わり。
そういうことでハンドルが壊れたことにより、修理するか、新品を買わなければレースが出来なくなってしまった。
だが、GT4ではこういうとき強い味方がある。
それがB-specモードだ。
AIのドライバーを育て、私の代わりに走ってもらうのだ。
ついでにお金を稼いでもらうとか、耐久レースもクリアしてもらうとか、色々使い道はありそうだ。
社会人の私は時間がないので、耐久レースなんかはほとんどAI任せになりそうだし、馬車馬のように働いてもらうべく、鍛え上げることにする。
この際だから、お金を効率よく稼ぐのを第一目的にやる。
まず、GT3から1千万引継ぎ、RX-8 typeSを購入。
お金のある限りチューンし。残金4万(笑)
そしてマツダのディーラーからRX-8カップに出場。
まず第一戦のラグナ・セカ。結構チューンしてあるのだが、なかなか前に詰まって抜いてくれない。
そこで「レースコマンド」で指示を出す。
ペースアップ! それからオーバーテイクだ。
するとAI君も頑張ってじわじわ順位を上げてくれた。
2周目にはトップに立ったので「マイペース」を指示。
そのまま1位でゴール。よくやったAI。
第二戦SSR5、第三戦富士'90、第四戦エル・キャピタン、第五戦筑波と全部優勝。
それにしても、もちろん勝てる車を与えているんだから勝つのは当然にしても、レースを観戦してて、AIが敵を抜いてくれると、妙に嬉しい。
「よっしゃ、よくやった!」と思わず応援してしまうのだ。
自分で走らないこのモードは何が楽しいのだろうと思っていたが、どっこい結構面白い。
ともかく、RX-8コンセプトLMレースカー'01をゲットした。

2,540,000
RX-8カップ
7月11日〜 自宅に戻ってゲームステータスをチェック。
AIドライバーのプロフィールは、
B-spec総合スキル:884
マシンスキル:9
コーススキル:8
バトルスキル:8

これを今後どう伸ばしていくか、楽しみである。
というところで、もう一度RX-8カップに出場。
今度は少しデチューンして戦闘力を落としてやらせてみる。
あと、指示もマイペースのみにしてみる。
…が、ラグナセカで2周目の中盤になっても4位。
しかたないのでオーバーテイクとハードプッシュを指示してやると、すぐにトップに浮上。
あとはマイペース。
やれやれ、まだまだ目が離せないらしい。
第二戦以降はマイペース+オーバーテイクの指示で放置してみる。
んで、全部勝利。
またプレカーと賞金をゲット。
5,040,000
RX-8カップ
7月17日〜 自宅に戻ってゲームステータスをチェック。
AIドライバーのプロフィールは、
B-spec総合スキル:1404
マシンスキル:17
コーススキル:15
バトルスキル:12

さて、長く乗りたい車だから、300万かけて豪勢に剛性をアップさせておく。
これでボディの寿命が延びるって訳らしい。
それから、今度はタイヤをノーマルのストリートに変更。これまではスポーツのソフトを使っていたので、これでAI君も練習してうまくなってくれるはず。
さて、その後第1戦は勝てたが、さらにデチューンしたところ、第2戦のSSR5でついに2位。
この辺からが、AI成長の肝になりそうだ。
要するに、ぎりぎりでバトルに競り勝つと一番成長するらしいのだ。
というわけで、心を鬼にして、これくらいで頑張ってもらおう。
第3戦の富士はペースアップとハードプッシュの指示を与えたら無事勝った。
第4戦のエル・キャピタンはマイペース+オーバーテイクの指示で勝利。
ここまでに総合優勝をほぼ決めているので、ここは思い切ってデチューン。
タイヤをコンフォートに落としてみる。
筑波は3周レースなので指示の仕方をうまくやれば、ちゃんと勝てるはず。
しかし、やはりグリップしないタイヤなのか、コースアウトするシーンが(笑)
結局追い抜きがへたくそで、3位どまり。
まぁ、総合で優勝したからよしとする。
4,290,000
RX-8カップ
7月29日〜 2連続で戦ったので日数が余計に経過。
さて、AIドライバーのプロフィールは、
B-spec総合スキル:1732
マシンスキル:22
コーススキル:18
バトルスキル:15
って、あんまり上がってない。
もうちょっとレースで鍛えるぞ。
4,290,000
RX-8カップ
8月10日 気が付けば、日数がだいぶ経過。
そしてお金はたくさん、ガレージにはRX-8コンセプトLMレースカー'01が6台(笑)
ちなみに売ると一台Cr.11,687,400だ。
いや〜、B-specはやばいね。楽すぎて癖になりそう(笑)
さて、AIドライバーのプロフィールは、
B-spec総合スキル:1815
マシンスキル:23
コーススキル:19
バトルスキル:16
あれ〜? やっぱりおんなじレースばっかりやらせてたら、成長しないのだろうか。
う〜む、ともかくたくさん稼いだので今日はここまで。

AIをうまく成長させるコツをご存知の方は、掲示板まで情報をお寄せください。
11,120,000
8月11日 この先は「A-spec攻略記録」へどうぞ。 11,120,000
1月13日更新
(2年目の)
1月20日
A-specも軌道に乗ってきたのでAIを鍛える作業を再開することに。
んで、私が寝ている間に「リアルサーキット」からニュルブルクリンクに行き、フリー走行で一晩走らせておく。
マシンは例のRX-8である。
3倍速でやらせてちょうど24時間、171周のニュル経験でAIがどれくらいレベルアップしたかというと、
B-spec総合スキル:1842
マシンスキル:23
コーススキル:19
バトルスキル:16

って、全然上がってない〜〜っ。
ええーっ、24時間もニュルを走ったのに…。
どうやらこの方法は駄目らしい。別の作戦を考えますか…。
試行錯誤は続く…。
14,205,000
1月21日 この先は「ミッションレース攻略記録」へどうぞ。 14,205,000
1月14日更新
(2年目の)
2月2日
RX-8 LMカーに乗り換えてルマンのサルトサーキット1を走らせてみた。
3倍速で10周走らせると
B-spec総合スキル:2446
マシンスキル:34
コーススキル:28
バトルスキル:16

おおっ、上がったじゃん。
違うマシンに乗せて、違うコースを走らせたのが良かったらしい。
15,204,500
2月3日 意地悪してノーマルタイヤ・エコノミーを装着。
同じマシンで、ニュルを走らせてみる。
3倍速で81周走らせると
B-spec総合スキル:3173
マシンスキル:47
コーススキル:39
バトルスキル:16

いい感じに、上がった。
15,204,000
2月4日 さらに意地悪してノーマルタイヤ・エコノミーのまま、ドライビングアシストを全部0に。
それで、今度は筑波を走らせてみる。
3倍速で指示を「マイペース」「ペースアップ」「ハードプッシュ」と徐々に上げていき、ベストラップを更新しなくなった20周目で終了。

B-spec総合スキル:3181
マシンスキル:47
コーススキル:39
バトルスキル:16

もう上がらないか…。
15,203,500
2月5日 ガレージを見に行くまえに、間違って違うサーキットに入ってしまい、すぐ抜けたが1日経過…。
むなしい…
15,203,000
2月6日 ノーマルタイヤ・エコノミーをミラージュに履かせて鈴鹿。
FF車を経験させれば、スキルが上がるだろうと期待。
で、鈴鹿を173Lapさせたところ…。

B-spec総合スキル:3580
マシンスキル:59
コーススキル:46
バトルスキル:16

ふむふむ、狙い通り。
じゃあ、次は4WDのマシンでレッスンだな。
バトルスキルは単独走行をしているから上がらないが、それは後でも大丈夫だろう。
15,202,500
2月7日 ノーマルタイヤ・エコノミーをストーリアに履かせてエル・キャピタン。
4WDにも慣れてもらおう。
30分×3倍速で90分走行させると…

B-spec総合スキル:3589
マシンスキル:59
コーススキル:46
バトルスキル:16

…全然上がらない。
低パワー車だともう駄目ってことか? それとも単独走行で上げられる限界か?
次は、レースで鍛える戦略を練ってみよう。
15,202,000
2月8日 この先は「ミッションレース攻略記録」へどうぞ。 14,212,000
1月15日更新
RX-8カップ
(2年目の)
2月23日
この日まで、RX-8カップにRX-8LMで出場。
B-specのバトルスキル向上を狙ったのだが、現状だとオーバーテイクの指示を出さないとなかなか抜いてくれない。
3戦目にはそれで2位どまりという信じられない結果も。
おいおい、レーシングカーに乗っててノーマルに負けるなよ…。
で、結果。

B-spec総合スキル:3874
マシンスキル:60
コーススキル:47
バトルスキル:22

でも、それなりに上がったよ。
22,602,000
RX-8カップ
2月28日 続けてもう一度、RX-8カップにRX-8LMで出場。
タイヤをノーマルのエコノミーにしてみた。
さらに意地悪で、ウェイトを200kg積んで戦わせる。
B-spec総合スキル:4115
マシンスキル:60
コーススキル:47
バトルスキル:29
と、上がったのはいいが、実はシリーズ優勝を逃しました(!)
レーシングカーなのに…
23,302,000
RX-8カップ
3月6日 さらにもう一度、RX-8カップにRX-8LMで出場。
今度は上の意地悪セッティングに、ダウンフォースを最低まで下げてみました。
もうズルズルです。
これを乗りこなせばうまくなるはず。
あと、さっきと違ってオーバーテイク+ペースアップの指示で走らせた。

B-spec総合スキル:4187
マシンスキル:60
コーススキル:47
バトルスキル:32

まぁ、こんなところか。
今度はちゃんと総合優勝して、お金も何気にたまったし、今日はこれまで。
25,697,000
3月7日 この先は「ミッションレース攻略記録」へどうぞ。 25,697,000
1月16日更新
コペンレース
(2年目の)
4月1日
コペンに乗り換えて、コペンレース。モータースポーツランドUを走らせてみる。
結果は6位だが、地味に上がった。

B-spec総合スキル:4245
マシンスキル:60
コーススキル:47
バトルスキル:33

33,290,400
4月2日 勝てるように軽量化とタービンキット1をつけてやる。
オーバーテイクの指示を出さず、マイペースで走らせたところ4位。
まだまだであるな…。

B-spec総合スキル:4245
マシンスキル:60
コーススキル:47
バトルスキル:33

って、成長してないぞ。
駄目だこりゃ…。
32,840,400
4月3日 筑波を走らせてみました。
結果は4位。(またか…)
B-spec総合スキル:4290
マシンスキル:60
コーススキル:48
バトルスキル:34

ほんの少し上がった。
32,940,400
4月4日 オータムリンクミニを走らせてみました。
結果は2位。(おっ…)
B-spec総合スキル:4316
マシンスキル:60
コーススキル:48
バトルスキル:35

少し上がった。
33,440,400
4月5日 もう一度オータムリンクミニ。
色々指示を変えてみたのですが、結果は3位。(ぬぅ…)
B-spec総合スキル:4319
マシンスキル:60
コーススキル:48
バトルスキル:35

もはや上がらないか…。
33,640,400
シビックレース
4月6日 シビックRに乗り換えて、シビックレースに出してみる。
洗車とオイル交換をして、もてぎ東ショートコースに出陣。

B-spec総合スキル:4483
マシンスキル:63
コーススキル:50
バトルスキル:36

結構上がった。やはり新しい車にどんどん乗せていくのがいいらしい。
33,840,400
4月7日 タービンキット1とサスペンション/スポーツキットを買ってあげて、もてぎに再挑戦。
…チューンしてやったのに3位ってどういうこと?

B-spec総合スキル:4496
マシンスキル:63
コーススキル:50
バトルスキル:36

ふぅむ…。
33,230,400
4月8日 鈴鹿西コース。
…5位(涙)

B-spec総合スキル:4509
マシンスキル:63
コーススキル:50
バトルスキル:36

33,310,400
4月9日 ディープフォレスト。
3位。

B-spec総合スキル:4522
マシンスキル:63
コーススキル:50
バトルスキル:36

33,410,400
4月10日 オータムリンクミニ。
3位。

B-spec総合スキル:4535
マシンスキル:63
コーススキル:50
バトルスキル:36

33,510,400
4月11日 ミッドフィールドU。
2位。

B-spec総合スキル:4548
マシンスキル:63
コーススキル:51
バトルスキル:36

で、結局総合優勝できなかったのでプレカーなし。
シビックレースはA-specポイントも少なかったので、あとでやり直しますか…。
33,710,400
ジャパニーズ 90's チャレンジ
4月12日 MR車に乗せて経験を積ませようとMR-Sに乗り換え。
ジャパニーズ90'sチャレンジに参戦。
アプリコットヒル。
4位。

B-spec総合スキル:4842
マシンスキル:68
コーススキル:54
バトルスキル:39

おおっ、結構上がった。やはり駆動方式の違う車に乗せるのがいいのかもしれないな。
33,750,400
4月13日 同じ状態のままのマシンに乗ってても成長しないだろうと判断し、チューンしてやる。
チューンドロム、マフラー/レーシング、スーパーチャージャーキット、サスペンション/フルカスタマイズ、と大盤振る舞い。
馬力も224に上がっているぞ。
この、強化型MR-Sでジャパニーズ'90チャレンジに参戦。勝ちデータをクリアして、もう一回B-specでプレカーをゲットする作戦。
さすがにアレだけチューンしたのだから、ちゃんと勝てる。

B-spec総合スキル:4867
マシンスキル:68
コーススキル:54
バトルスキル:39

ニスモ400Rをもらったが、全然成長してないし…。
まぁ、いい、このもらったニスモ400Rに乗り換えて、さらにB-specを鍛える修行の旅に出るぞ。
32,065,400
レース・オブ・ターボスポーツ
4月20日 ニスモ400Rでレース・オブ・ターボスポーツに挑戦。
第一戦富士'80。ノーマルのまま出したらまったく歯が立たず6位。
ええい、チューンだ。
32,095,400
4月21日 200万以上かけて、500馬力オーバーにパワーアップ。
無事勝利。
さっきはポイントを見に行くのを忘れていたが、この2レースでどうなったかな?

B-spec総合スキル:4938
マシンスキル:69
コーススキル:55
バトルスキル:41

まずまず。
30,445,400
4月28日 タイヤを替えてみよう。
レーシングハードに履き替えて参戦だ。

………スリックはこのイベントでは履けないんだった(笑)
なんという大ボケか…。ともかくソフトのSタイヤに強制的に変えさせられ、東京R246以降の4戦に出場。

B-spec総合スキル:5010
マシンスキル:69
コーススキル:55
バトルスキル:42

とりあえず5000を超えたが、これ以降はもっとすごいレーシングカーとかに乗せて鍛えないと駄目かも。
プレカーのD1FCをもらったぞ。
33,145,400
4月29日 この先は「A-spec攻略記録その2」へどうぞ。 33,145,400
日本選手権
(2年目の)
5月22日
自分でハンドルを握るのに疲れたので、休憩と執筆の時間にB-specでどんどん進めていくことにした。
A-specでもまだ走ってないイベントに挑戦させることにする。
これでライバルの強さの見当をつけて、自分で走るときの参考にできる。プレカーと賞金を二倍取れる、さらにAIも成長するというわけで、一石三鳥だ。
おなじみRX-8LMで日本選手権に参戦。
スポーツタイヤミディアムと奮発してタービンキット3を購入。
531→691psにパワーアップ。
一気にお金がなくなったが、賞金で元が取れるし、まぁこれで成長してくれればしめたもの。
とりあえず、5戦優勝でフェアレディZコンセプトLMレースカー'02をもらった。
B-spec総合スキル:5175
マシンスキル:69
コーススキル:55
バトルスキル:46

なかなか、上がったぞ。
33,120,000
全日本GT選手権
6月2日 つづいて、全日本GT選手権。
900万でタービンキット4をつけて873馬力のモンスターに。
110万でレーシングタイヤ・ハードを購入しておく。
とりあえず、周回数は5周程度なので、ハードはいらなかった。
ミディアムタイヤに付け替えて挑戦。
10戦中、鈴鹿東でコースアウトして4位になった以外は、全部勝利。
日産 モチュールピットワークZ(JGTC) '04をもらった。
とり逃しがないよう、鈴鹿東をもう一度走ったところで、自宅に帰ると…。

B-spec総合スキル:6943
マシンスキル:94
コーススキル:71
バトルスキル:64

どっひぇ〜、凄い上がりっぷり。
こりゃ、自分で走らなくて良かったかも(笑)
いや、もちろんA-specポイントが欲しいから、自分で走りなおすけど、でもこの上がり方は感動的。
48,420,000
チューニングカー選手権
6月9日 チューニングカー選手権にも出てしまおう。
東京R246でオーバーテイクの指示を出さなかったら2位どまり、という情けない結果に終わったが、他は全勝。
日産 オプションストリームZ '04をもらった。
落とした東京でもう一度走り優勝した後、自宅に帰ってポイントを確認。

B-spec総合スキル:6982
マシンスキル:94
コーススキル:72
バトルスキル:64

あまり変わってない。
56,020,000
全日本GT選手権
6月20日 全日本GT選手権にもう一度。
レーシングタイヤ・ハードをつけて、ちょっとグリップが低い状態で戦わせてみる。
で、無事10戦全勝し自宅に戻ってみれば…。

B-spec総合スキル:6982
マシンスキル:94
コーススキル:72
バトルスキル:64

ぐはっ、やはりもう頭打ちですな…。
ちょっと違うことを考えなくては駄目かも。
で、自宅で達成率を見たらいつの間にか25%を超えていた。
ということは、ついに耐久レースに参加できる!
よしよし、これまでB-specを鍛えてきたのも、元はといえば耐久で楽をするため。
では、この先は耐久レース挑戦編とでも題して、別コンテンツに昇格させてやるか。
81,020,000
6月21日 この先は「B-spec耐久挑戦記録」へどうぞ。 81,020,000

続く。

戻る