グランツーリスモ4


◇実録『嵐を呼ぶGT4プレイ日記』◇


「A-spec攻略記録その4」



最終更新日3月31日。クリックするとそこの記事に飛びます
日数コメント残金
3月12日更新
ドイツ・ツーリングカー選手権
(6年目の)
12月18日

12月23日
さて、ここ数日『A-spec攻略記録』と銘打ってるのになかなか自分でマシンに乗れていなかった。
今日はその分、B続には休んでもらって、私自らハンドルを握ろう。
「…ほっ、本当ですかっ」
うむ。
「はわ〜〜っ、はわわ〜〜っ、はにゅほにゅ〜(?)」
嬉しさのあまり、意味の分からないことを口走っているB続は放置しておくとして、まずはDTMあたりに挑戦してみよう。
マシンはDTM出場可能マシンの中で、最も馬力が少なく、最も名前が長い
AMG メルセデス 190E 2.5-16 エヴォリューションUツーリングカー '92
略して、190Eに決定。
タイヤはレーシングミディアムで、バラストを200kg積み、ダウンフォースは前後とも最低に落とし、23の32だ。
これで、A-specポイントは楽々200点もらえる仕組みである。
第一戦、オペラパリ、6周。
第二戦、ミッドフィールド、6周。
第三戦、ハイスピードリンク逆走、5周。
第四戦、ニュルブルクリンク、1周。
第五戦、富士2005GT、5周。
どれも楽に勝利。
特にニュルで実際にDTMマシンでレースを戦うのは、実はこれが初めて。
峠最強伝説とライセンスで鍛えた腕を存分に発揮し、ぶっちぎってあげました(笑)。
これで200点×5、A-specポイント1000点荒稼ぎ。
トータルで、ついに大台突破の50769pts。
122億と
25,206,500
ライク・ザ・ウィンド
12月24日

12月26日
考えてみれば、先日スーパーライセンスを取ったので、上級者向けレースにも出られるんだよな。
ってことで、その中でも一番敷居が低い、ライク・ザ・ウィンドに出てみる。
マシンは、B続を鍛えるのに散々使った黒い中古ルマンカー4台。通称“マスターマシン”の中から選ぶとしよう。
んで、一番A-specポイントをもらえそうなトヨタ GT-ONEに決定。
こいつにタービン3を付けて825psを発生させ、スーパーハードタイヤ、バラスト200kg、ダウンフォース前後とも最低にして、挑んでみる。
さて、ライバルカーにはベントレーや日産のR89C,R92CP辺りが強敵として控えている。
では、いざレーススタート。
TCSを切っているのでスタートダッシュで出遅れるが、コーナーでじわじわ追いつく展開。
がっ、なんとも物凄くハンドルが取られるのだ。
気を抜くといきなり曲がりだすし、おつりをもらってふらふらするし、直線すら真直ぐ走るのが大変な状態。
そのため2周目の最初のコーナーで、ついにやってしまった。
ふらふらを立て直せずに激しくおつりをもらってスピン。ガードレールに激突して空を舞った挙句、着陸後は10回転ぐらいくるくる回ってようやく止まった。
もちろん、ライバルはその隙に逃げてしまいあえなくリタイア。
…う〜む、GTF-Proの弱点がもろに露呈した感じだな。
だが、こういうものだと分かっていれば、あとは慣れの問題。
再挑戦したところ、今度はフラフラに負けずにハンドルを保持し、5周を何とか走りきって勝利。
200ポイントゲットである。
なお、ベントレーはタイヤを替えなかったが、日産の二台は5周目でピットイン。大幅に遅れたことをお伝えしておこう。
こいつらがいるときは、楽に勝てますぜ(笑)
122億と
47,206,500
ボクサースピリット
12月27日

12月30日
以前kyu氏との日本選手権対決(?)で使ったきりガレージでほこりをかぶっていたインプレッサに再び活躍の機会を与えます。
タイヤはスポーツミディアム。バラストは積まないが、258psと元々パワーが無いので、これで200点いけるのだ。
第一戦、香港4周。
第二戦、インフィニオン3周。
第三戦、ディープフォレスト逆走3周。
どれもさほど苦戦せずALL200点ゲット。
なお、ライバルカーのラインナップはスバルのマシンとRUFのマシンが中心だが、この速いRUFが予選で下位にいるときに参戦すると、楽に勝てる。
間違ってもRUFがポールにいるときに出ないほうがいい。逃げ切られるから。
122億と
49,456,500
チューニングカー選手権
12月31日

(7年目)
1月6日
さて、6年目ももう終わり。ちなみに12月31日は日数2100日目。
ちょうど中古車のサイクルも3巡り目を終える日である。
ちなみにマスターマシン4台が売っているが、特に買う気無し。
そのまま中級者向けレースのひとつ、チューニングカー選手権に参戦だ。
使うマシンは、例の筑波ウェットの奇跡の立役者、ハチロクである。
206psでレーシングハード、バラストなし。
第一戦、アプリコットヒル逆走、3周。
第二戦、富士90's、3周。
第三戦、東京R246、2周。
第四戦、エル・キャピタン逆走、3周。
第五戦、筑波、5周。
このシリーズは、ライバルカーがよいですな。
私が参戦した際にはスプーン、オペラ、アミューズのS2000が3台そろい踏み。
さらにマインズランサー、ニスモZと豪華絢爛。
ちなみに厄介なのはオペラのS2000。なんと言っても直線がべらぼうに速い。
油断していたら東京R246で追いつけずに優勝を掻っ攫われてしまった。
他はすべて200ポイントゲットしたが、やれやれ、なかなか完璧にとは行かないものだな…。

というわけで東京のみやり直して200ポイントゲット。
今日のところはこれくらいにしよう。

まとめ。
ゲーム達成率:99.6%
A-specポイント:52569pts
2107日目
取得ライセンス:金80、銀0、銅0
レース勝率:984/1294=76.0%
総獲得トロフィー:1157個
総獲得プレゼントカー:398台
総獲得賞金:8,020,730,000
クルマ保有台数:383台
直江B続プロファイル
B-spec総合スキル:9105
マシンスキル:100
コーススキル:91
バトルスキル:91
122億と
56,056,500
3月13日更新
ワールドクラシックカーシリーズ
1月7日

1月16日
さて、中級者向けレースを順番に攻略していこう。
今日はワールドクラシックカーシリーズに挑戦。
参加可能なのは1970年以前のマシン。
ってことで、ライセンスでもらったホンダS500 '63を使うことにする。
無論、保存用の1台をキープする為、トレードでもう1台購入して、そいつを使う。
まずはエンジン以外フルチューン。そしてNAチューン1、レーシングマフラー、チューンドROMで58psに仕立てておく。タイヤはスポーツのハード。
そして参戦だが、このときピューイック スペシャル '62とAC カーズ 427 S/C '66がいないときを狙おう。
この二台は別格だから、とても勝てないのだ。
というわけで、何度かライバルカーを選別し、以下の組み合わせのときを狙って参戦。
トヨタ 2000GT '67
ロータス エラン S1 '62
ジネッタ G4 '64
日産 スカイライン 1500デラックス '63
日産 スカイライン スポーツクーペ '62

多分このラインナップが一番勝ちやすいはず。
で、このS500だが、いざ走ってみると、これがびっくり。
このマシンのエンジンが物凄かった。なにせ10000回転(!)
S2000も裸足でランナウェイである。しかも音も見事。マフラーを換えたから、というのもあるが、なんともしびれるホンダミュージック。
こいつは楽しい!
パワーは無いが、何せ古いマシンなので結構リアも滑る。
というわけで、適度に弱オーバーステアの姿勢を作って進入し、コーナーを抜けていくというFRの楽しい走りを満喫である。
いや〜、40年前のマシンとは思えない。さすがホンダさん。
てなわけで、楽しみつつレースを進めていく。
第一戦、富士80's、2周。
第二戦、エル・キャピタン逆走、2周。
第三戦、ニュルブルクリンク、1周。
第四戦、コート・ダジュール、2周。
第五戦、ラグナセカ、2周。
ニュル以外は何とか勝てた。ニュル以外は…。
そう、1周だけのニュルはこのシリーズの鬼門…。
何気にパワーの差が如実にタイムに現れるので、200ポイント狙いの非力な58psマシンではつらい。
まずトヨタ2000GTに追いつけず、どんどん逃げ切りを許すというつらい展開。
それでも頑張って終盤まで2位を走っていたのだが、ナイトロも使い切ってしまったため、最後の2キロストレートでなすすべも無く次々2台に抜かれて4位。
右から左からすごいスピードで抜かれてしまったときは、そりゃぁ、悲しかったなぁ…。
2キロストレートの終端。左にロータスエラン、右にジネッタ G4。

左右から、こうして抜かれたのです。


ちょっとだけ2000年スパのリカルド・ゾンタの気分。
参考までにそのときのタイムは9'41.763。2000GTは13秒先にゴール。
う〜む、これを勝つのは至難の技じゃないだろうか…。
結局ニュルは4位だったが、それ以外は勝ったのでシリーズ制覇でプレカーもゲット。

だが、今回の目的はあくまでALL200点狙いなわけで、ニュルだけ再挑戦。
同じライバルのラインナップになる時を狙って、リベンジだ。
さて、なんといってもこの勝負、ナイトロをいかに温存しつつトップを逃げるか勝敗を分ける鍵になる。
というわけで、スタートと同時にまずはナイトロ全開。
最初のジャンピングスポットまでにトップに立ち、あとはうまく後をブロックしながら抜かれない程度にナイトロを使用して走る。
ほとんど我慢比べというか、後ろ向きながら走ってるような…。
ともかく、これまで自分で走ったレースの中でも屈指の難易度。
再挑戦1回目は2キロストレートの進入まではトップを走っていたのだが、そこでナイトロが切れてしまいジ・エンド。
ストレートで抜かれて2位がやっと。タイムは9分44秒台。
再挑戦2回目はさらにうまくナイトロをセーブしつつずっと敵の頭を押さえながらの走行。さすがに慣れてきたので、うまくコントロールできる。
だが、やはり2キロストレートの終盤でトヨタ2000GTが猛追してきた。
それを、壮絶にブロックするも、押されてマシンが横を向きかける。
コースに長々と伸びるタイヤスモーク。
そこをカウンターを当てつつ何とかしのぐ。
GT4史上、屈指の長さのタイヤスモーク。ブロックの凄まじさを物語る。


だが、結局パワーの差はいかんともしがたく、2位に落ちてしまう(!)
「まだだ、まだ終わらんよ!」
B続にいつも言ってるように、努力と根性のパワーを見せるときは今ぞ。
最終コーナー手前までのブレーキングで強引に抜き返す!
最終コーナーひとつ手前。イン側からズバッと抜く。

別角度。接触はしていない。神業のようなサイドバイサイド。


そして3台のマシンを数珠繋ぎで引き連れ、何とかギリギリでトップチェッカー。
後ろに控える3台は、どれもS500よりはるかに戦闘力は高い。
ワンミスが命取り。油断すれば簡単にこちらは4位になるシビアさだった。
スタート前のフォーメーションではない。ゴール直後の4台の差はこの程度。


で、結局タイムは9'39.153で一応ベスト更新。
それにしても、この200点はとっても大変だった。
勇気ある読者の方は、同条件で挑戦してみてほしい…。

122億と
49,895,500
サンデーカップ
1月17日

2月19日
さて、B続。出番だぞ。
「はにゅ?」
…それはやめい。
「はっ、マスター」
本日のミッションはサンデーカップだ。アウトビアンキ A112 アバルト '79を9色揃え、ついでにお前のスキルを上げる。
「了解です」
まずは激速レーシングカーで出てもらおう。
ミノさんで出陣じゃ。
「おおーっ」

では、手っ取り早く総合スキルの値がどうなったか見ていく。
走る前の直江B続プロファイル
B-spec総合スキル:9105
マシンスキル:100
コーススキル:91
バトルスキル:91

ではまず、ミノさんでの1回目。
オータムリンクミニ:9116(+11)
ビギナーコース:9116(+0)
ハイスピードリンク:9116(+0)
クラブマンステージ・ルート5逆走:9129(+13)
もてぎ西ショートコース:9141(+12)

ウェッズスポーツセリカで2回目。
オータムリンクミニ:9141(+0)
ビギナーコース:9141(+0)
ハイスピードリンク:9141(+0)
クラブマンステージ・ルート5逆走:9154(+13)
もてぎ西ショートコース:9167(+13)

魔王S2000で3回目。
オータムリンクミニ:9167(+0)
ビギナーコース:9167(+0)
ハイスピードリンク:9177(+10)
クラブマンステージ・ルート5逆走:9190(+13)
もてぎ西ショートコース:9203(+13)、コーススキル92(+1)

ラムちゃんで4回目。
オータムリンクミニ:9203(+0)
ビギナーコース:9216(+13)、バトルスキル92(+1)
ハイスピードリンク:9227(+11)
クラブマンステージ・ルート5逆走:9227(+0)
もてぎ西ショートコース:9227(+0)
(この4回目のタイミングで2台のPS2と3枚のメモリーカードを駆使し、全色ゲット)

さて、ここまでで4つのグループ
@:遅い市販車(軽自動車やコンパクトカーなど)
A:速い市販車(280psクラスなど)
B:遅いレーシングカー(WRCカーや300psクラスのツーリングカーなど)
C:速いレーシングカー(ルマンカーなど)
を1台ずつ走らせた。これでまた色々分かったが、1つのコースを各グループで走らせると、スキルの上昇値は最大13点。
ってことは、
ミノさんのオータムリンクミニ(+11)
ミノさんのもてぎ西ショートコース(+12)
魔王S2000のハイスピードリンク(+10)
ラムちゃんのハイスピードリンク(+11)
以上の4つはMAXまで取れていない。
多分コースアウトしたとか敵とぶつかったとか、多分そんな理由で経験値が入らなかったのだろう。
ってことで、この4レースだけスポット参戦で、やり直してみる。
もちろんマシンは多分同グループだろうと思われる別のものを選択。
ってことで、マスターマシン壱号発進!
「はいっ、コーチ!」
マツダ787Bでオータムリンクミニ:9229(+2)
ふむ、11点だったところが+2点されてMAX値に到達。
次、もてぎ西にはマスターマシン弐号出撃!
「了解です。コーチ!」
トヨタGT-ONEでもてぎ西ショートコース:9230(+1)
よし、予定通り。
では、次はなつめの死神Zで行ってこい。
「死ぬわよぉ〜、アタシのテールランプを見た奴は、みんな死んでしまうわよぉ〜」(←誰かが乗り移っていますが気にしないように)
死神Zでハイスピードリンク:9230(+0)
あれ? 上がらなかった。
その後検証のためNSX-Rでも走らせたが、やはり上がらず。
よく分からないが最初から3点どこかで経験値が入っていたのだろう。
ってことで、その次は一番遅いグループだな。
ハチロクで行ってらっしゃい。
「これで最後ですね?」
うむ。頑張れ。
ハチロクでハイスピードリンク:9231(+1)
あれ? 計算より1点少ないぞ。
「う…」
お疲れのところ、まことに申し訳ありませんが直江B続様。
「…はい」
検証のため、シビックRでもう一度お願いします。
「……なんで腰が低いんですか?」
いや、私だってたまには冷酷非情じゃないんだぞ、ってことをアピールしないと。





「…もう遅いと思いますが」

何か言ったか?
「いえっ、早速走ってまいります〜」
シビックRでハイスピードリンク:9232(+1)
おおっ、ちゃんと上がったではないか。
ってことは、もしかして魔王S2000のところもやり直せばまだ上がるのかな…。
B続!
「うぅぅ…、まだ走るんですか?」
当然だ。不確定要素が入らぬよう、同じ魔王S2000で行ってこい。
「は〜〜ぃ」
魔王S2000でハイスピードリンク:9233(+1)
ほら上がった! でもあと2点上がるはず。もう一回!
「上がりませ〜ん」
じゃあ、タイヤをハードからソフトに換えてもう一度だけ。
「駄目ですぅ〜」
むぅ、これ以上は時間と日数のムダか、オーケー終了だ。
「はひぃ〜」


疲れたか?

「そりゃ、もう…」

ふむ、では疲れているお前に素晴らしい贈り物をやろう。
「ほえ?」
実は今日Web拍手というものを導入してみた。
昼の12時ごろに設置したのだが、なんと半日で336回の拍手をもらった。
「すごいじゃないですかマスター」
でな、お前にも応援のメッセージが何件か入っているのだ。
「えっ? 本当ですか?」
紹介しよう。

>がんばれB続!

>B続よ、もっとがんばってマスターに感謝されるんだ!(笑)

>86はいいですね。B続君も頑張れ!

>GT4の記事楽しく拝見しています。B続ガンバレ!!

「おっ、おおおおぅ…(涙)」
感涙にむせぶか、B続よ。
「えっ、えぐぅぅぅ…(滝涙)」
ふむ、直江B続氏はしゃべれないようなので、私が代わって…


応援ありがとうございます。これからも頑張ってB続をこき使いますので、今後の展開もご期待くださいませ。
では〜。




「はうぅぅぅぅぅ…」

122億と
38,880,500
3月14日更新
レアカラーゲット大作戦
2月20日

3月31日
さてB続。また今日も出番だぞ。
「はっ!」
おっ、元気いいな。
「それはもう、わたくしに対する皆様の暖かい応援のおかげです」
う〜む、素晴らしい。
余談だがB続に対するのと同等以上に、私にも応援をいただきました。

どうもありがとうございます。頑張って毎日更新していきます。

それでは初級者向けレースで最後に残っていたライトウエイト Kカップに出場し、 ジネッタ G4 '64を4色そろえてもらおう。
「了解です」




「揃いました!」
ふむ。残り2色だったから簡単だったな。
1回目はノーマルのカプチーノで、2回目はフルチューンのカプチーノでそれぞれ戦ったが、スキルポイントはひとつも上がらなかったな。
モータースポーツランドU、筑波サーキット、ビギナーコースの3つはすでに経験値を取り尽くしているからな。
では、次にいってみよう。大丈夫だな?
「はい、まだまだ元気です」

次はスズキのほぼワンメイクシリーズ『スズキ・コンセプト』だ。
プレカーのスズキ GSX-R/4 '01を7色集めてくれ。
「行ってまいります」



「揃いました!」
うむ。メモカを駆使して若干楽をしたものの、スズキ コンセプト-S2 '03で1回、GSX-R/4でも1回走ったが、これまたスキルポイントは上がらなかった。
もてぎ西ショートコース、シアトル、筑波、どこもすでに走りまくっているから経験値を捻出できないらしい。
では、次だ。
ルノー主催のクリオ・トロフィー。
ルーテシアルノー・スポールトロフィーV6 24Vレースカー '00を8色ゲットだ。
大丈夫かB続?
「だ、大丈夫であります。行ってまいります」


ちなみに、今回走るのは鈴鹿、もてぎ ロードコース、筑波、ディープフォレスト、エル・キャピタン逆走。
381psのルーテシアルノー・スポールV6 Phase2で1回。(カーナンバー22番の黄色ゲット)
しかし、スキルはひとつも上がらず…。
まぁ、もういろんなマシンでかなり走りきった感のあるコースばかりだからなぁ。
でも、もう一回行ってこい。
「は、はい…」

PWR(パワーウェイトレシオ)を変えるべく302psにデチューンして同じマシンで2回目。
でもやっぱりスキルは上がらず。
このシリーズでのスキルアップは断念し、あとはメモカ3枚を駆使してトレード作戦で全色ゲット。
トレードで買うと一台38,249,900だが、これを4台分。
軽く1億5千万以上吹き飛びました(笑)。
119億と
80,515,800
ワールドコンパクトカーレース
4月1日

4月6日
さ、中級者向けレースを順番に攻略。続いてはワールドコンパクトカーレース。
VW ルポ 1.4 '02
プジョー 206 S16 '99
オペル コルサ コンフォート 1.4 '01
トヨタ ヴィッツ RS1.5 '00
シトロエン C3 1.6 '02
が、ライバル。
こちらはさっきライトウエイト KカップでB続に乗らせたカプチーノを流用。
64psに戻し、タイヤはスポーツのミディアム。これだと192ポイントが提示されたのでバラストを40kg搭載
(参考までに20kgで196点、30kgで198点でした。このマシンの場合5kgで1点加点の模様)
第一戦、シアトル3周。1周目の中盤までにトップに立ち、後は楽勝で逃げ切り。
第二戦、筑波5周。ベストは1'10.990だが、5周で10秒以上後続をぶっちぎった。
第三戦、グランバレーイースト逆走4周。1周に付き4秒ずつ差をつけ圧勝
第四戦、香港4周。
第五戦、もてぎ東4周。
どちらも圧勝。これでALL200ポイントはかなり楽。
それにしても、このカプチーノというマシンは素晴らしく楽しいね。
よく止まるしよく曲がる。パワーは無いけど、それがこいつの魅力を少しも損ねていない。
狭い香港やシアトルをスイスイ駆け抜けるのはかなり爽快だった。
インプレッション風にいえば、楽しさ☆☆☆☆☆です。
一応実車でスズキの軽に乗っている身としては、やっぱりこのマシンにはあこがれあるからね。(K耐久でぶっちぎられたし(笑))
こういうマシン、また作ってくれないかなスズキさん。

さて、そんなわけで、ALL200点達成で、現在のA-specポイント合計は54569pts。
119億と
87,265,800
ヨーロッパ・ホットハッチカー選手権
4月7日

4月12日
シュワルツ・ヴァルド・リーグAで使った、ほぼノーマルのBMW 120i '04(152ps) にてそのまま参戦。
ライバルは以下の面々。
ルーテシア ルノー・スポール V6 24V '01
フォード フォーカス RS '02
アルファロメオ 147 GTA '02
VW ゴルフ W R32 '03
ルーテシア ルノー・スポール 2.0 16V '02

で、こっちのマシンだが、色々調べたところ、タイヤはスポーツミディアムでもバラスト160kg積むとA-specポイント200点が提示された。
早速その条件で走ってみる。
第一戦、もてぎ東3周。
第二戦、オペラパリ4周。
第三戦、トライアルマウンテン逆走3周。
第四戦、鈴鹿東5周。
第五戦、SSR5逆走3周。
なんというか、ALL200点なのだが、拍子抜けするほど簡単…。
ってか、マシン自体ほとんどノーマルなのだが…。
シュワルツ・ヴァルド・リーグAでもそうだったが、もしかして、BMW 120i '04ってば、かなり(ポイント稼ぎに)優秀なマシン?
ま、実際に走ってみるとかなりしなやかな足で、割と懐の深いコントロール性を持ってるし、結構自在に走ってくれるし、私としても高評価。
ふむ、もうちょっとチューンしたときの実力も見てみたいな…。

ともあれ、これで1000点追加で、A-specポイントは55569pts。
119億と
97,765,800
欧州選手権
4月13日

4月18日
じゃあ欧州選手権にもBMW 120i '04をさくっとフルチューンして出てみましょうか。
タービンキット3などで武装しパワーはほぼ2倍の291ps、スポーツソフトタイヤ、バラストなし。
ライバルカーは以下の面々。
メルセデス SL 55 AMG '02
メルセデス SL 600 '04
メルセデス SLR マクラーレン '03
チゼータ V16T '94
アウディ RS 6 '02

それでさくっと200点。
第一戦、オペラパリ、6周。
第二戦、グランバレー、5周。
第三戦、サルトサーキット1、2周。
第四戦、コート・ダジュール、6周。
第五戦、ニュルブルクリンク、2周。
サルトとニュル以外は楽勝。明暗がくっきり分かれました。
ちなみにサルトサーキットでは、さすがにあの長いストレートばかりのレイアウトの前に撃沈。
チゼータとマクラーレンに30秒差を付けられるわ、4位のSL 55 AMGに何度も追突されるわで、何とか3位…。
ここだけは別のマシンで無いと勝てません。
ニュルももしかしたら勝てたかもしれないが、やはり厳しい…。
1周目をトップのまま走り、2キロストレートの最後でマクラーレンに追突され痛恨のスピン。
あれで3位に落ち、後は追いつけずに終了という結末。
ちなみに15秒差だったから、あれが無かったらいい勝負だったかもしれない…。
ま、悔やんでもしょうがない。一応1位3回、3位2回で総合優勝はいただきました。
すぐにもリベンジしたいところだが、明日は月曜日。会社があります。
ってことで、今週1週間のことを考え、今日はこれまで。
A-specポイントは600点追加の56169pts。
明日はこのサルトとニュルの攻略から始めるとしましょう。
119億と
94,910,800
直江B続苦難の日々
4月19日

4月22日
そういえば、一時は123億近くあったお金が、だいぶ減ってしまったなぁ。
「…そ、そうですか? まだまだ全然お金持ちじゃないですか。大丈夫ですよマスター」
う〜む、やはり老後の安心のため(?)200億くらい持っておきたいなぁ。
「そんな、贅沢はいけません。限りあるお金をやりくりしてこそ、正常な経済感覚が身に付くのです」

B続よ。
「はい」
話を逸らそうとしてもムダじゃ。もう分かっておるな?
「………耐久でお金を稼いでおけ、と?」
ピンポン大正解。
「ええーっ、だって今日はレアカラーをたくさん集めましたよ? もういいじゃないですか」
…そうか? 本当にそう思うのか?
「はい、今日という今日は疲れましたから。断固として休ませてもらいます」
むぅ、そこまで宣言するとは…。
「もう駄目です。わたしの決心は絶対に揺るぎません」


B続よ。私とてお前を休ませてやりたいと思う気持ちはある…。
だが、そうもいかんのだ。ちょっとこれを見てみろ。



>負けるなB続!

>がんばれ B続よ!

>200点レース頑張ってください。B続も頑張ってリッパナAI野郎になってください。

>Bちゃん がんばれ

>何回読んでもB続ってやっぱり不幸。

>B続がんばって

>B続諦めないで

>B続さんがんばれ〜

>B続よ‥シャキっとせい!!

>B続ガンバ!!

>B続君、お疲れでしょうがファンの皆さんのためにガンバレ!

>ここの記事は全部サイコーですっ!B続もがんばれ!

>雨続さんもB続さんもお体をお大事に。

>B続!!死なない程度に頑張れ!

>B続さん、AIレーサーにも休息は必要ですよw

>B続がんばれ!がんばって雨続を見返してやれ!

>B続がんばれ

>これからもB続がんばれ

>いつも楽しく拝見してます!B続ガンバレ!!!

「…こっ、こんなにわたしに応援が?」
たった一日でこの量だ。正直私も驚いている。
どうだ? お前はこれを読んでも、まだ走らないつもりか?
ファンの声援は、お前のハートを揺り動かさなかったのか?
これを見てなお、休むと宣言するつもりか?


「わっ、わたしはなんという事を…」

落ち込むことは無い。
いいかB続、一つ言っておく。こぼれた水は、またくめばいい。…それだけだ(CV:若本大先生)

「コーチ…」

(この辺で盛り上がる音楽)

「コーチっ、わたし頑張ります。皆さんの応援がある限り、頑張って走り続けます!」

よく言った! ではB続、マスターマシン壱号に乗り込め。
夕陽に向かってグランバレー耐久だ。

「はいっコーチ。たりゃぁぁぁぁぁぁっ」





こうして単純なAI野郎はマスターの口車に乗せられ、今日も耐久三昧の日々を送るのでした。
頑張れ、負けるな直江B続。マスターの資金は君の活躍にかかっているのだ!

120億と
74,910,800
3月15日更新
直江B続苦難の日々
4月23日

4月24日
さてB続よ…。
「って、マスター、なんですか! そのメモリーカードは!?」
ん、ちょっと買ってきた。
「ちょっとって、また2枚も? これで全部で5枚ですよ? 普通そんな…」
まぁまぁ、実は今の3枚体制でもそろそろ容量が足りなくてな、リプレイの保存が厳しくなってきたのだ。
そこで、ごちゃごちゃになったメモカの整理をするべく、さらに2枚の新戦力を追加したわけだ。OK?
「はぁ、そうですか…」
ん? 今日は鈍いなB続。
「へっ?」
私がメモカの整理をしている間。
「…ぎく」

グランバレーの刑。



「はうぅぅぅぅ…」
121億と
14,910,800
メモカ整理
4月25日

4月26日
ってなわけで、B続が走っている間に、メモカの大掃除。
GT以外のゲームのセーブデータを全て退避し、余分なリプレイを削った結果、無事メインで使用するメモカの整理が完了。
…それにしても、自分で言うのもなんだが、このメモカ物凄い価値があるよな。
セーブデータだけでも…


・今、まさに進行中のGT4のデータ。(これです、これ)

・達成率100%&ライセンスオールゴールドのGT3のデータ。

・GTコンセプトのこれまたオールゴールドのデータ。

・GT4Pも、もちろんオールゴールド。



さらに、多分こっちのほうが価値があると思うが、リプレイデータも。

GT4だと…

・スーパーライセンス、ニュルとシャモニーのゴールド取ったときのもの。

・タヒチメイズ、ハチロクVSランサー。

・イタリア市街地、ハチロクVSランエボ[。(順走と逆走)

・筑波ウェット、伝説のハチロクVSベントレー。

・ジョルジュサンクパリ、ハチロクVSプジョー205。(順走と逆走)

・さらに、ケータハムスーパー7での筑波一分切り。

・峠最強伝説、印税S2000でのニュル1周ベストラップ。

・最近のものだと、S500でのニュルの激闘リプレイ。



・他にも、GT3ならハチロクだけ選手権で使ったものとか、F094/Sでのコースレコード各種とか、タヒチメイズでのいろんなマシンの乗り比べとか。




……全部お見せできないのがほんと残念。


ま、ともかくそんな感じで、メモカの空き容量が膨大に増えたので、今後はどんどんリプレイを保存していける。
というわけで、何かの役に立つかもしれないので、例えばこの先ライセンスやミッションミッションレースで更なるタイムアップを狙ったときとかも、全部保存するとしよう。
もちろん峠最強伝説で今後乗る全マシンのニュル走行リプレイも、これからは保存するぞ。

さて、ここでひとつ問題が…。
いくら私の手元にリプレイを残せるようになっても、それを皆さんに公開することが、どうも厳しそうだ。
多くの方に見て欲しいが、物理的な制約があまりにも多い。
…さて、どうするか?


参考までにここでクエスチョン。
このお宝データつきメモカ。欲しいって人、どれくらいいますかね?
こいつがひとつあれば、私の残したいろんなリプレイをいつでも見放題!
容量の都合でこれまで掲載できなかった、あんなのやこんなのも…。
ってか、今後の方針としてGT4のリプレイを掲載するかどうか未定なので、ある意味私のリプレイを見ることが出来るのは、このメモカを手に入れた人だけの特権。(になるかもしれない)
この実録『嵐を呼ぶGT4プレイ日記』や峠最強伝説と合わせれば、読む楽しみと臨場感、倍増です。
ってわけで、アンケート。
本気で欲しいと思う方。


に欲しい、と書いてください。
人数多数の場合、何か方法を考えます。もちろん無償でとはいきませんが…。
121億と
54,910,800
直江B続苦難の日々
4月27日

4月28日
「マスター、もう二回走りましたよ?」
ふむ、もうちょっと。
「…もう一回ですか?」
うむ。
「はぁ…」

なんだ? 昨日のあの決意をもう忘れたのか?
夕陽に向かって走った、あの青春のメモリーは、お前の中でもう色あせてしまったというのか?

「そんなこと言われても…」

そうか、ならばこれを見るがよい。
今日もたくさんの声援が届いているんだぞ。
(ってか、ついに私に対する応援より、B続に対する応援のほうが多くなってしまった…)

>B続ファイト!目指せスキルマスターp( ^ 0 ^ )q

>B続Fight!!(o^-^)尸~''☆ミ☆ミ

>B続Fight!!

>B続!目を覚ませっ!お前はこのままじゃ廃人になってしまうぞ!

>B続殿 おぬしも悪よのぉ〜

>B続よ、進歩とは反省の厳しさに正比例する。

>まけるな!!!!B続

>まけるな!!!!B続

>毎日更新楽しみにしています!B続負けるな!!直江雨続さんも200Pがんばってください!!

>毎日見ています!B続よ、ファイトだ!

>B続ー、がんばれー

>結局B続って不幸。でも、輪君と同じ名前をもらったんだし、きっとすんごい策略家に・・・?

>B続頑張れ!鬼コーチを見返してやれ!(笑)

>Bちゃん! ガンバ!!

>B続がんばって

>B続お前は最強だ あと管理人さんも

>B続、「苦あれば楽あり」だ。苦労は必ず報われるぞ!

>B続君、うちのAIも応援してるぞ!

>うちのB助が師匠と呼んでいます!

>ニュル24時間をうちのB助が走行中。うちのもB続のようになってもらわねば。

>毎回楽しく拝読させて頂いております。頑張れB続さん!うちのsayumixもファイト!(笑)

>それ行け、B続



「うぅぅぅぅ…。こんなっ、こんな暖かい声援をもらったら…」
もらったら?

「なら走るしかないじゃないかぁぁぁぁぁぁぁぁーっ」(夕陽に向かって泣きながらダッシュ)



よっしゃ。

121億と
94,910,800
3月16日更新
直江B続安楽の日々
4月29日
「マスター…、メモリーカードの件ですが、反響がものすっごいですね」

…うむ。私の想像以上だった。
まさか、これほどたくさんの人から欲しいといわれるとは…。
「どうするんですか?」
ふむ。当初の予定では、欲しいという人が10人くらいなら、メモカ代金と送料+私の手間賃を振り込んでもらえば、送ってあげるつもりだった…。
「たった一日の反響で、10人や20人じゃ無いことが判明しましたが…」
…ほんと、想像以上だったな。
まぁ、ともかく、どうするか何かうまい方法が無いかこれから考えるとして、もしこのメモカを人に渡すのなら、やはり達成率を100%にしておきたい。
「なるほど」
と、いうわけで、長年ハンドルガタガタが嫌で、あえて走らなかったミッションレース18に挑戦してくるか…。
そのあとはミッションレースのラスト、ニュル1周勝負にも…。
「はぁ、大変ですね」

ふっ、今日も鈍いなB続。
私がミッションレースをしている間…
「…耐久なら出来ませんよ? マスターがミッションレースをクリアしたら、わたしが走ったセーブデータをどうやって上書きするつもりですか?」


はっ!?
そうか、私がミッションレースをしている間、別のメモカでB続を走らすわけにもいかないのか…。
「左様でございますマスター。…ふっ」
ぬおっ!? お前、鼻で笑いおったな。
「まぁ、これもメモカを欲しがる読者さまの数を計算違いなさったマスターが悪いのです。せいぜい頑張って達成率を100%にしてきてはいかがですか? わたしは特等席からのんびり見物させてもらいますので…」

くっ、口惜しや…。

「いや〜、耐久もしなくていい、レアカラー集めに奔走しなくていい。それがどれほどわたしに幸せをもたらすのか、今はじめて分かりました。る〜る〜♪」

ぐぅ…。

「マスター、どうぞいってらっしゃいませ。ミッションレースを1回とは申しません。死ぬほどリタイアしまくり、2時間でも3時間でも、それこそ一晩中でも走ってきてください」

おっ、おのれーっ!
いいだろう。速攻でクリアしてお前を死ぬほど耐久で走らせてやる。
覚悟しておれッ。

この先は「ミッションレース攻略記録」へどうぞ。
でもって、ここから下はミッションレース攻略記録を読んでからどうぞ。
































121億と
94,910,800
直江B続恐怖の日々
5月3日
ふっ、ふははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははーっ!!

「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ」


B続よ、私は帰ってきたーーーーっ!!

「んきょわりゃぁ〜〜!!?」
ほほぅ、パニクっておるのう…、その様子では、よ〜く分かっておるようじゃのう。ん?
「ひ、ひぃぃぃぃっ」
まさか私がものの1時間もかからずにサルトを攻略するとは、思っていなかったのだろう。
んん〜?
「おっ、おおおお…」
おお?
「お許しをーッ」
さてさて、どうしてくれようかのう?
「はぅぅぅぅぅ…」
はっはっは、私は結構上機嫌なのだ。思いがけずあっさりミッション18をクリアできたからな。
やはりスーパーライセンスで練習したおかげでコース後半部分を覚えていたのが良かったのだろう。
これでタンクカーをゲット、って訳だ。
「そ、そそそ、それは誠におめでとうございます。謹啓 天も地もすっかり春のよそおいをこらしてきましたが、マスターにおかれましてはますますご健勝の事と存じ奉り…」

B続?

「こっ、この度の、タンクカーを賜りましたこと、まことにおめでたく、御一代の盛事として御祝申上げます。お仕事の傍らに始められたご趣味が認められ、ついにタンクカーの輝かしい栄誉をお受けになられましたこと、欣快の至りでございます。このようなお方にお仕えできるなど、私は東洋一の幸福者でございます。マスターのご努力が実を結んだことが我が事のように嬉しく、マスターのお慶びになるご尊顔を飽くことなく拝見奉った次第で御座候」

おーい?

「こっ、今後も、お身体ご自愛下さいまして、日本の将来のためにご活躍のほどを、不肖直江B続切にお祈り申し上げる次第でございます。これからもご指導御鞭撻のほどをお願い申し上げます。敬具」

…なにを言ってるのかよく分からないが、今日はこれで満足じゃ。
更新はここまでとする。

「えっ?」

それから、またお前に便りじゃ。


>B続、若いときの苦労は買ってでもしろっていうんだからガンバ!

>B続 ガンバ! ガンバ!

>Bガンバ

>B続よ。努力の先には幸せが待っているぞ!!!

>B続ガンガレ!!

>B続のことが心配で、更新毎日チェックしています。頑張れ〜

>B続あなたのやってることは、きっと、伝説になる!!

>B続ファイト!!!

>一人一人では火だが、マスターとB続が二人合わされば炎となる。炎となった魔王は……無敵だ。

>今日も直江さんのためにがんばれ!B続!!

>B続、君にはマスターやファンを喜ばせる力を持っている!!

>B続君,君の苦労は分かってるよ。ガンバレ!!!

>この世にB続以上のAIっていないと思う。(ってかいね〜〜)

>立て!立つんだ!B続! 

>B続、君はきっと「士、別れて三日、刮目して相待す」と言えるはずだ!



「本当に、本当にありがとうございます皆さん」


うむ、お前は果報者だな。「メモカ欲しい」という書き込みの多さに埋もれていたが、今日もこんなにも暖かい応援をもらえた。
「はいっ」

よし、この声援をバックに明日も頑張って耐久三昧だ。

「…はうぅぅぅぅぅぅぅ」

121億と
95,910,800
3月18日更新
欧州選手権
5月4日
〜5月6日
さて、それじゃ200点取り残していた欧州選手権にリベンジしますか。
一応まだ勝てそうなニュルから。
BMW 120i '04にウィングを取り付け、ダウンフォースを前後30にして再挑戦。
それでもちゃんと200ポイントが提示される。
1回目。すべては最後。2周目の最後…。
トップ走行中、2キロストレートエンドでSLRマクラーレンに後からすごい勢いで追突され、吹き飛ぶ(笑)
それで2位。全て台無しである。8分×2周=16分の苦労が水の泡(笑)

2回目。今度はそこで追いつかれないよう、序盤から逃げに逃げ、何とかトップでゴール。
200点追加。残るサルトは、多分このマシンじゃ無理だから、何か別ので挑戦しよう。
ちなみにこの二回のレースの模様はしっかりとリプレイに残してあります。
激しく吹き飛ぶ120iは見ものですぞ(笑)
121億と
97,640,800
直江B続待ちぼうけの日々
5月7日
〜5月17日
さてB続、私はちょっとメモリジャグラーなる代物を探しに旅に出る。
「えっ?」
私が留守にする間、分かっておるな?
「……グランバレー?」
ピンポン大正解。
やはりB続は耐久をしてる時が一番輝いて見えるよ。頑張れっ(はあと)
「…変な応援はいらないです」
むっ、人がせっかく気を遣っているのに。
「じゃあ、走っておきますので、早く帰ってきてください」
うむ。それじゃ、嵐を呼ぶアルトワークスで出発だ。
ぶおんぶおん〜。


「…ふぅ、じゃあ走っておきますか。やれやれ」


1時間後。
「走り終わりましたよ、マスター」

しーん。
「…あれ? まだ帰ってない? 最初に行ったお店で売ってなかったのかな」

2時間後。
「マスター? 早く帰ってこないと、今日の分の更新が出来ませんよ?」


3時間後。
「…まだ帰ってきませんね。じゃあ、わたくしがマスターの代わりに皆さんの声をご紹介します」

>B続 頑張れ

>B続これからもがんばれ!

>B続よ、AIに生まれた運命・・・天命をまっとうするのだ!

>B続よ、あきらめたらそこで試合終了だ。めげずに頑張れ!

>B続とのコント(?)楽しみに何時も見ています(笑)

>B続ガンガレ!!というかオイラがマスターになってや ろ う か?w

>B続よ。おぬしは走るために生まれてきたAIなのだ!さぁ、今日も頑張って走るのだ!!

>雨続さん、B続ちゃん。 頑張って!!

>B続の応援ばっかりではなく、雨続さまの応援もします。後1つのミッションがんばってください。

>B続!いつか・・いつか日本のGT4のBの頂点に立つんだ!

>B続…このまま頑張れば、ミハエルに勝てるよ!きっと・・・

>B続、これからもガンバ!!!君ならできる

>あんた達・・・いいコンビだよ・・・

>B続頑張れ〜

>雨続より速くなれ!負けるな!B続!!


「…何度読んでも嬉しいです。わたしがマスターのむごい仕打ちに何とか耐えられるのも、皆さんの暖かい応援があればこそです。いつか必ずシューマッハやマスターよりも速くなってみせます。……あっ、帰ってきた」


だぁぁぁぁっ、どこにも売ってなかった〜っ。
「おっ、お帰りなさいませ。それは残念でしたね、マスター」

うむ。あまりに残念なので今日はもう自分で走る気はない。
「はぁ…」
と、いうことで、私が投稿フォトギャラリーの更新をしている間、
「うっ…」
グランバレー5回の刑。


「……っく(いけないいけない。皆さんに応援してもらったんだし、弱音は禁物、頑張ろう…)」

ん? 今日はいつもの「はうぅぅぅぅ」は無いのか?
「はい、マスター。これも日本一のAIレーサーになるための道。頑張って走ってきます」

やけに前向きで気味が悪いが、まぁいいか。
しかしB続よ、一つ言っておくが。
「はい」

この先何万キログランバレーを走っても、あんた成長しませんから!

残念!!


「はうぅぅぅぅぅぅぅぅ…」

斬りぃっ!

124億と
37,640,800
3月19日更新
直江B続販促の日々
5月18日 S2000欲しいーっ!!

「うわっ、なんですかマスターいきなり」
いや、何とかこの夢をかなえる方法が無いかな〜と、いつも考えているんだが…。
「はぁ…」
宝くじは毎回買ってるがちっとも当らないし…。
「そうですね…」
今の月給じゃ購入資金がたまるのに何年かかることか…。
「一生無理じゃないですか?」
むぅ。…誰かただでくれないかな。
「ありえません(きっぱり)」
じゃあ、誰か私の個人スポンサーになってくれないかな。
「はぁ?」
ほら、昔ミナルディがやったじゃん(確か)。個人スポンサーからお金集めて、マシンにその人の名前の小さなシールをたくさん貼って…。
「…雨続海岸の読者さんにそれを頼もうとしてます?」
無理かなぁ…。
「迷子になったら三越に行けばいい」が3万冊ほど売れてくれれば、S2000買えるんだがなぁ。

そしたら『嵐を呼ぶS2000購入記』『嵐を呼ぶS2000ドライブ日記』『嵐を呼ぶS2000ジムカーナ挑戦記』『嵐を呼ぶS2000助手席に読者さんを乗せてあげる企画』とか色々書けるよな…。
「…夢物語ですね」
ここはひとつ、この本を買ってくれた人を名誉ある『雨続サポータークラブ(仮)』の会員に認定してだな…。
「認定して?」
隠しページのアドレスをメールでこっそり教えてあげるとか…。
「はぁ…」
リプレイデータを会員様限定でメールで配信するとか…。
「ある意味反則級の販促ですね」
おっ、うまいぞ。山田君、座布団全部もってって。
「何でですかーっ!?」


それはお前がB続だから。


「はうぅぅぅぅぅ…」

ちなみに現在私が確認している会員(勝手に任命)の皆さんは
とまとギャングさま
シルビーさま
フルスピードさま
斑鳩Zさま
mocaさま
hataさま
マツナガさま
以上7名。
7名ならメールでのサポートもそんなに大変じゃないし、ファンを大切にする雨続海岸としては、手厚いサービスができそうだな。
(もし、私も買ったぞ、という人がいれば 総合掲示板まで)

とまぁ本音と欲望丸出しのトークはこの辺にしておいてだな、いよいよ挑むか、達成率100%。
「おおっ、マスター、ついにミッションレースのニュルに出陣ですか?」
うむ、欧州選手権のニュルも200ポイント取ったし、なにより峠最強伝説で散々走りこんだからコースもばっちり覚えている。そろそろクリアできそうな気がしてきた。
「では、頑張ってください。達成率100%になれば、堂々とメモカを人に渡せますね」
…ふむ。嬉しいことにお金出してもメモカが欲しい、という人も結構多いからな。
まぁ、売るかどうかはまだ考え中だが、タイミングとしてはちょうどいいかも知れんな。
もしかしたら、これは私のS2000購入という野望に向け、結構いいチャンスかもしれない。

「…メモカでS2000購入代金を捻出ですか? なるほど、一人1万円として400人がメモカを買ってくれれば、確かにS2000買えちゃいますね」
……あっはっは。自分で言ってても、夢物語だな。ってか、それ以前に400枚もメモカをコピーするのが大変だ。
「肝心のGT4をプレイする時間もなくなりますしね…」
でもまぁ、もしそんな大金を払ってまで買ってくれた人がいるなら『雨続サポータークラブ(仮)』のゴールド会員決定だな。
S2000のマシンにゴールド会員の名前のシールを貼らなくては…。
「ほとんどF1マシン状態ですね」


うむ。というわけで、この場を借りて、ささやかな夢を語ってみました。
嵐を呼ぶレーサーをS2000に乗せてみたい。そう思う人が本当にたくさんいれば、実現しちゃうかも、とちょっとだけ本気で思ってます。

「そうですね、マスター。大人になっても夢を見続けることはいいことですよ」


………(照れてる)
ま、ともかく100%にしなければ話にならんからな、行ってくる。

「お気をつけて〜」


この先は「ミッションレース攻略記録」へどうぞ。

124億と
37,640,800
3月21日更新
直江B続確率論の日々
5月22日 「マスター。達成率100%おめでとうございます」
うむ。苦節80日…。ついにここまで来た。
まぁ、半分くらいはお前に走ってもらったおかげだ。これまでご苦労だった。
「マ、マスター…。なんと勿体無いお言葉…」
おっ、良いね。もったいない。
これから世界で流行させよう“モッタイナイ”
さぁ、皆さんご一緒に。“モッタイナイ”
「…何の話ですか?」
いや、まぁ、気にするな…。

それより、せっかく達成度100%に到達したわけだし、また新しい遊び方というものを考えなくてはならん。
「はぁ…」
まぁ、お前にはこれからも引き続きレアカラー集めに精を出してもらいつつ、スキルをあげてもらうことになるが…。
「はぁ…」
実はちょっとアカデミックな話題を提供してみようかな、と思ってな…。
「アカデミック? お勉強の話ですか?」
そう構えるな。

ではいきなりだが問題。(じゃがじゃん♪)

クラブマンカップのプレカーのマツダ マツダスピード アテンザ '05は全部で6色ですが、これを、一度も重複せずに6回のトライで全色集めることが出来る確率は?
(なお、どの色がでるかは、完全にランダムなものとする)

「6回のトライで、ってつまり、毎回ちゃんと新色をゲットし続けて、コンプリートできる確率ってことですね」
うむ。つまりサイコロを6回振って、1から6までが全て出る確率、と同じだ。

(さぁ、これを読んでる学生さん&元学生さんも考えてみよう)

で、B続、分かったか?
「えっと、6分の1くらいですか?」

ぶぶーっ。
残念不正解。
間違ったB続君には…、
「えっ?」
あとで素敵な罰ゲームをプレゼント。
「罰ゲームですかーっ? しかも素敵ってなんですか。素敵な罰ゲームって、そんな、嘘だーーーっ」






解答編。


まず1回目のトライ。どの色が出ても新色なので、新色をゲットする確率は100% 6/6(6分の6)です。
続いて2回めのトライ。
すでに1色手に入れているので、ここで新色をゲットする確率は5/6です。
3回目のトライでは、2色持ってますから新色をゲットする確率は4/6。
4回目は同様に、3色持ってるので確率3/6。
5回目は2/6。
最後、6回目になると、新色は残り1色なので、6色中1色を手に入れる確率になり、1/6です。
ということで、これらのトライを全て成功させ、6回で全色ゲットするには…
6/6×5/6×4/6×3/6×2/6×1/6=720/46656。
約分すると5/324。パーセント表記だと1.54%です。
ま、65回挑戦してようやく1回成功するってくらいの確率ですな。
「そっ、そんなに少ないんですか!」
そうです。だから全色そろえるのに6回で終わることはまず無いと言っていいわけで、10回以上かかるくらいは覚悟したほうが精神安定上良いと思われます(笑)。
「ひょえぇーっ」


では第二問。

「…まだあるんですか?」


ニュル24時間でもらえるフォーミュラグランツーリスモは全10色ですが、これを10回の挑戦で全色そろえることができる確率を求めよ。



「……えっと、百分の一くらいですか?」
つまり1%ということだな?

ぶぶーっ。
残念不正解。
間違ったB続君には…、
「あう…」
あとでゴージャスな罰ゲームをプレゼント。
「またその意味の分からない形容を。ゴージャスってなんですかーっ?」






解答編。


さ、第一問が分かった方には簡単ですね。同じように考えればいいのです。
10/10×9/10×8/10×7/10×6/10×5/10×4/10×3/10×2/10×1/10=3628800/10000000000(約分は面倒なので省略)
=0.00036288
つまり、一万分の3.6288。0.036288%だ。
もはや不可能と紙一重。
そう考えれば、私が13回のトライで全色そろえられたのは、かなり運が良かった、といえる。(実際にはいろんな外的要因がどの色が出現するかに影響を与えているから、厳密に断言できないが)
「…13回で済んで、わたしは幸運だったんですね」
うむ。(断言)


さて、では第三問。

「ええー、もういいですよぉ…」


かわいそうな直江B続くんは、ロードスター4時間耐久の全8色のプレカーをそろえるのに、なんと37回も走らされました。
「はい、泣きそうになりました」
では問題。37回目に最後の黄色を手に入れた、ということは、それまで36回連続で最後の色が出なかった、ということになります。
では問題。つねに8色がランダムで出るとして、36回連続で黄色が出ない確率は?


「1/36?」
なんかの模型のスケールみたいですなぁ。
残念不正解。
間違ったB続君には…、
「ぐぅ…」
あとでトロピカルな罰ゲームをプレゼント。
「と、トロピカル? トロピカルってなんですか? もう意味がわかりませんよマスターっ」



解答編。


8色中ある1色が出ない確率は、それ以外の7色のどれかが出る確率と同じです。
すなわち、7/8です。
これが36回連続で続くのですから、
7/8×7/8×7/8×…(36回分)…7/8×7/8=7の36乗/8の36乗=2651730845859653471779023381601/3.2451855365842672678315602057626e+32
=0.0081712765447942404782945487186742
大体0.0082ですな。
つまり1%にも満たないくらいの低確率。
ってことは、ロードスター耐久を37回もやったのは、相当運が悪かったわけですな。
「うぐぅ…」



さぁ、皆さんは馬鹿のAI野郎に負けないよう、ちゃんと考えられましたか?
『数学なんて生きてく上で何の役にも立たないぜ』なんて手を抜いては後で後悔しますよ。
数学は間違いなく生きてく上で役に立ちます。
こうしてゲームを進める上でも確率論を知ってると、自分のやろうとしていることにどれくらいのリスクと手間がかかるのかをあらかじめ予測できるわけです。
ほかにも数学というのは問題を解くことを通して、論理的な思考力を鍛えることが出来ます。
学生の皆さんは、頑張って勉強に励んでくださいね(はあと)



◇罰ゲーム◇

ちゃららー♪ ちゃららー♪
「なっ、なんて懐かしい、アメリカ横断ウルトラクイズの罰ゲームの音楽…」
さぁ、B続よ。お前には公約どおり、素敵で、ゴージャスで、トロピカルで、さらに数学の授業と同じくらいに眠くなるような罰ゲームを与えよう。
「それって、いろんな意味で駄目駄目です」


では問題。

「問題?」

かわいそうな直江B続くんは、罰ゲームとしてNY 200miles耐久のプレカーであるダッヂ チャージャースーパービー 426 Hemi '71を全29色そろえなければなりません。
「…えっ、ちょ、ちょっと、聞いてません、マスター」
もし運が良ければ29回走るだけで、全色揃います。
「まさか…」
では問題。ラッキーな直江B続くんが29回のトライで、全色手に入れることが出来る確率は?




「えっ、ええーっ? えっと、さっきと同じようにやればいいんだから…
29/29×28/29×27/29×……×2/29×1/29は、えっと…(計算中)


1兆分の3.44?」






「…1兆?



…………はうっ(ぱったり)」



嗚呼、直江B続ってやっぱり不幸。
124億と
42,640,800
直江B続ニューヨークへ行きたいかーっの日々
5月22日

6月14日
さて、かわいそうな直江B続くんは、結局マスターマシン壱号(787B)でNYを延々と走っています。
すでに2回クリアしていたので、
1回目:DK Gunmetal metalic
2回目:Dark Bronze Metalic
の2色をすでに持っています。
では、その後出現した色の変遷を見て行きましょう。
3回目:Brite White
4回目:Light Blue Metalic
5回目:Willow Green
6回目:Willow Green(2個目)
7回目:Dark Gold Metallic
8回目:Top Banana Yellow
9回目:Indigo Metallic
10回目:Dark Gold Metallic(2個目)
11回目:Brite White(2個目)
12回目:Light Gunmetal Metallic
13回目:Medium Green metallic
14回目:Willow Green(3個目)

というわけで、10色14台です…。

なんと、6回目にして早くも同じ色が出てます。
29回のトライで終了するという夢(確率1兆分の3.44)が早くも消えました。
しかも14回目に出たのは3個目のWillow Green…。
どうも先行きがとっても不安ですなぁ…。
「ぜーはー、ぜーはー…。ま、マスター、いきなり12回も走らせるなんて、あんまりです…」
なにを言っている、これは罰ゲームなのだ。
完遂しないと東京に帰れないぞ。
「何かが違う…」
…細かいことは気にするな。
「…ところでマスター、ひとつ聞いておきたいんですけど、本気で29色そろえるんですか?」
うむ。
「でも、このマシン、好きじゃないと聞いてますけど」
うむ。大体私は重くて長くてパワーがありすぎて扱いにくいマシンは嫌いだ。
「そうですよね。じゃあ…」
しかし走るのだ。
「うぐぅ。…何でですか」



それはお前を い ぢ め る ため(はあと)


「はうぅぅぅぅ…」


頑張れ、負けるな直江B続。
マスターの資金とここに書くネタは、君にかかっているのだ!
127億と
42,040,800
3月23日更新
直江B続ニューヨーク耐久物語の日々
6月15日

7月6日
さてB続よ。
「………………………なんでしょうか、マスター」
もう何も言わなくてもわかっておろう。
「………………………分かりません。分かりたくありません」
ニューヨークへ行きたいかーっ!
「………………………いいえ」
罰ゲームは怖くないかーっ!
「………………………怖いです」
なんとしても、ニューヨークで耐久を走りたいかーっ!
「………………………絶対に嫌です」






……どうしたB続? いつものお前らしくも無い。

「はい、わたしは決めたのです。NOと言えるAIを目指すことを。もう前回のニューヨーク12回連続耐久地獄で懲りました。もうやめましょう。29色なんて正気の沙汰じゃありません」
B続、人がやらないことに挑戦してこそ、この記事も価値が出ると言うものだぞ?
「…単に見る人が呆れるだけだと思うのですが」
むぅ。常に無く強気だな。
だが、いつも言っているだろう。耐久レースは努力と根性と知力・体力・時の運、早く来い来い木曜日、だぞ。
「なんか違うものが混ざってませんか?」
やかましい。私が昔高校生クイズ選手権に出場したものの北海道予選の3問目で敗退したことを根に持っているとでも言いたいか?
「そんなこと言ってません〜」
では、18歳になったら出ようと思ってずっと楽しみにしていたウルトラクイズが終わってしまったことを恨みに思っているとでも言いたいのかっ?
「だから、そんなことは言ってませんよぉ〜」

嗚呼、ニューヨーク…。トメさんと行きたかったニューヨーク…。
そのために雑学を鍛え、クイズに役だつムダ知識を蓄えた青春時代…。
それなのに……、それなのに……。うーくっく(涙)
ニューヨークに行きたいぞーーっ(遠吠え)
「マスタ……。そうだったんですか…。どうか元気を出してください。私で力になれることがあれば、なんでもしますから」




じゃ、私が元気になるまでニューヨーク走ってこい!

「しまったーーッ」



1回目:DK Gunmetal metalic
2回目:Dark Bronze Metalic
3回目:Brite White
4回目:Light Blue Metalic
5回目:Willow Green
6回目:Willow Green(2個目)
7回目:Dark Gold Metallic
8回目:Top Banana Yellow
9回目:Indigo Metallic
10回目:Dark Gold Metallic(2個目)
11回目:Brite White(2個目)
12回目:Light Gunmetal Metallic
13回目:Medium Green metallic
14回目:Willow Green(3個目)

ここまでが、前回までに入手した色の一覧です。
さぁ、ここからどれだけ新色をゲットできたでしょうか。
まんまとだまされたB続をマスターマシン弐号(GT-ONE)に乗り換えさせて、いざ出陣。

15回目:Plum Crazy Metallic
16回目:Burgundy Metallic
17回目:Bright Red
18回目:Willow Green(4個目)
19回目:Indigo Metallic(2個目)
20回目:Top Banana Yellow(2個目)
21回目:White
22回目:Medium Green metallic(2個目)
23回目:Moss Green Metallic
24回目:Dark Bronze Metalic(2個目)
25回目:White(2個目)

というわけで、5色追加。25台15色です。
全29色までようやく折り返し(?)
直江B続の戦いはまだまだ続きます。


「ぜーはー、ぜーはー…。と、東京直行…。……はうぅ(ぱったり)」
130億と
16,440,800
3月24日更新
直江B続ニューヨーク耐久物語Uの日々
7月7日

7月10日
もはや、前置きもいらないな。
さぁ、直江B続よ。マスターマシン参号(R390)を与えよう。
ニューヨークを走るのだ。

「うぅぅぅぅぅ…」

26回目:Top Banana Yellow(3個目)
27回目:White(3個目)

って、ちょっと待てい。
「えうっ?」
連続して3個目の色が出るとはどういう了見だ?
「了見言われましても…」

むぅ…、もういい。
「えっ?」

そろそろ自分でも走りたくなってきたから、しばらくマスターマシンで銀河系でも巡ってなさい。
「は、はいっ(喜色満面) それでは光の速さで走りますので、1万年後くらいに会いましょう!」

ん?
130億と
66,440,800
プレミアムスポーツラウンジ
7月11日

7月18日
さて、そろそろ走りたくなったので、せっかくだからちょっと上級者向けレースに出ちゃいます。
出るのは(多分)1千万以上のマシン限定のレース、プレミアムスポーツラウンジ。
で、これに日本車代表として、11,957,000Cr.のNSX-R '02を買って出場。
ついこの間、掲示板でリクエストされてニュルを激走したNSX-Rです。
そのときから、どこかに活躍のチャンスが無いか、と捜していたのですが、それがまさに今。
さぁ、一体どれほどの戦闘力を見せてくれるのか。
エンジン以外をフルチューンで固めていざ出陣。

ライバルにはメルセデス SLR マクラーレン '03、バガーニ ゾンタ C12S '00、チゼータ V16T '94などの、価格も速さも破格のまさにプレミアムクラスの面々が揃っております。
さて、そんなセレブなマシンを相手に、我らがNSX-Rはどれほど通用するのでしょうか?
ちなみにエンジンはノーマルなので、295ps、タイヤはスポーツミディアム。余裕でA-specポイントは200点もらえてます。

第一戦、コートダジュール4周。
第二戦、オペラパリ5周。
第三戦、香港逆走5周。
第四戦、ハイスピードリンク4周。
第五戦、NY市街地コース逆走3周。

ええと、結論から言いますと、NY以外は、全て10秒以上2位をぶっちぎって優勝しました。
まぁ、市街地3つはコーナリングマシンのNSX-Rの独壇場とはいえ、意外にもハイスピードリンクでも20秒以上と実は一番の差をつけました。
驚きです。
そして最後のNYではやはり直線が長くパワーがものを言うので、あやうくチゼータに優勝をさらわれそうになりつつも、最終コーナーの攻防で何とかトップを取りました。
ってことで、見事日本車の性能を見せ付けました。
一千万そこそこのNSX-Rがそれより遥かに高額なマシンを蹴散らす姿はまさに爽快。
そしてNSX-Rの走り自体も、実に楽しい。
まさにこのマシンこそが究極にして至高のプレミアムスポーツの名に相応しいのです。
(う〜ん、見事にオチが決まったぜぃ)

というわけで、このシリーズはNSX-Rを持ち出せば簡単にALL200点が達成できるはず。
お試しあれ。
130億と
53,968,800
3月26日更新
直江B続ニューヨーク耐久物語Vの日々
7月19日

7月24日
さて、そろそろ光速で航行中の直江B続を呼び戻すとしよう。

マスターマシン参号帰還せよ。
繰り返す、マスターマシン参号帰還せよ。

「えっ? もうですか? …了解しましたマスター」
ぎゅいーーーん。
「あの、マスター、まだちょっとしか走ってませんけど」
なにを言っている、こちらではもう二日経っているのだぞ。
「ええーっ?」
ってことで、お前も丸一日休んだことだし…。
「…数分しか経ってませんが」
元気も回復しただろう?
「そ、そんな?」
さぁ、ニューヨークへ行ってらっしゃい!
「はうぅぅぅぅぅぅ」
この不思議を知りたい人は、相対性理論を勉強してみましょう。

28回目:Citron Yella(新色)
29回目:Dark Bronze Metallic(3個目)
30回目:Hemi-Orange(新色)

ついに30回目か…。
そしてB続、でかした。今回は新色が2つ出たぞ。
「そ、そうですか…」

というわけで、2色追加。30台17色です。
131億と
28,968,800
1シリーズ・トロフィー
7月25日

8月3日
さて、今度は自分で走ります。BMW 120i '04(152ps)にエコノミータイヤを履かせ、バラストを200kg積んで1535kgにして参戦。
一応理論上これで一番A-specポイントが稼げるはずだが、そこはさすがワンメイク、168点しかもらえません。
ま、しょうがない。もらえるだけもらっておきますか。

第一戦、グランバレー1周。
第二戦、インフィニオン2周。
第三戦、もてぎ東2周。

さすがはエコノミータイヤ。グランバレーに最初に挑んだときには、いろんなところでタコ踊り(笑)
結局2位に終わってしまった。
とはいえ、それでマシンにも慣れたので、残りの3戦は全て順調に優勝。
Plaris Metallic(銀)のBMW 2002ターボ '73をもらった。
Schwarz(黒)を持っているのであと2色。

ついでなので直江B続に走らせました。
Taiga Metallic(緑)とトレードでChamonix(白)をゲット。
これで全色コンプリート。
いや〜、4色だと楽だなぁ。
「全くですね、マスター。はぁ…」
…なんだ、随分疲れているな。
「はぁ、それはまぁ…」
ふむ、ところで私はこれからもう少しの間ハンドルを握ってA-specポイントを稼いでこようかと思っている。
「おおおおっ、ということは?」
お前には…
「お休みをいただけるのですねっ!」
もう一台のPS2でNY走ってろ。




「はうぅぅぅぅぅ…」
131億と
26,040,900
欧州選手権(リベンジ)
8月4日 さて、サルトサーキットでどうしても勝てなかった欧州選手権にBMW 120i '04にて再挑戦。
で、実は先に1シリーズトロフィーをやったのは、元に戻せないエンジンチューンを施す為である。
もう1シリーズトロフィーをクリアしたので、BMW 120i '04はこの先用なし。
ってことで、ポート研磨とエンジンバランスチューンとオイル交換で326psにまでパワーアップ。
そしてフロントにスポーツハード、リアにスポーツソフトを履かせダウンフォースは30,30。
この状態で、ライバルが…

ロータス モータースポーツエリーゼ '99
パガーニ ゾンタC12 '00
TVR サーブラウ スピード6 '97
TVR タスカン スピード6 '00
ロータス エスプリ スポーツ350 '00

これでA-specポイント200点です。
とはいえ、ストレートスピードではこの5台にとても敵わない。
何とかナイトロで追いすがって序盤でトップに立つと、あとはこの名うてのスポーツカーを相手に、ただひたすらBMW 120i '04は通せんぼ。
或いは走るシケインと化して、ひたすらブロックの日々。
私のマシンの後は、集団で団子状態(笑)
これは、リプレイを見ると、実に面白い(笑)
ともあれ、何とか2周の長丁場を逃げ切ってゴール。
貴重な200点をゲットだぜ。

せっかくなんでそのリプレイをどうぞ。
リプレイデータのダウンロード
メモリジャグラーを使って、ご覧ください。
131億と
25,610,900
ブリティッシュGTカーカップ
8月5日

8月10日
ガレージにあるイギリス車から、今回はTVR タモーラ '02に乗って挑戦。
ライバルカーは

ロータス エスプリ スポーツ350 '00
TVR T350C '03
ロータス エスプリ V8 SE '98
TVR タモーラ '02
TVR タスカン スピード6 '00
といったマシンが相手。
こちらはデフォルトの350psで、スポーツのミディアムタイヤを履き、バラストを200kg積んで参戦。
これで200ポイントである。

ちなみに、このシリーズ。素晴らしく楽勝だった。
5戦全て10秒以上の差をつけての勝利。
第一戦、グランバレー、3周
第二戦、富士90's、3周
第三戦、エル・キャピタン、3周
第四戦、インフィニオン、3周
第五戦、ミッドフィールド、3周
…う〜む、ここまで楽だと書くこと無いや(笑)
ALL200点で終了。
プレカーのジャガー Eタイプ クーペ '61は17色なので、今回は集めません。

ってことで、これでA-specポイントは…

59573pts
さぁ、明日は頑張って6万点を目指そう。
131億と
30,210,900
直江B続分身の日々
8月11日

8月14日
さてB続。私がサッカー(日本対イラン)を見ている間…。
「ニューヨークに行ってまいりますぅ…」

ふむ、妙に素直だな。
「いえ、どうせもう一人の私がもう一台のPS2で走ってますから、今更どうということはありません」

…あきらめの境地?

31回目:Plum Crazy Metallic(2個目)

ふむ、駄目だったか。
だが、ここまで密かに走らせていたもう一人のB続がいい仕事をしてくれました。
もう一台のPS2からトレードでTurquoise Metallic、Brite Blue Metallicと2色新色をゲット。
これで33台19色。
あと10色。
頑張れB続!
131億と
41,611,100
3月28日更新
直江B続興味津々の日々
8月15日

8月20日
そわそわ…。
「マスター?」
まだかなぁ〜。そわそわ…。どきどき。
「あの? マスター?」
ん? なに?
「何をそんなに浮き足立っておられるので?」
…浮き足立つ、とはまた昨今あまり聞かない日本語を使うのう。ちなみに誤用だぞ。
「し、失礼しました」
こういう場合は、気も漫ろ(そぞろ)。
実はな、今日はある素晴らしいものが届くのだよ。
「素晴らしいもの?」
YES! GT3の時代より、私が長いこと追い求めていたものだ。
「そ、それはいったい?」
…ふっふっふっふ。
「き、気になる…」

ぴんぽーん

来たーーーーーーーーッ!!!!
「(びくぅ)」
よっしゃー! ついに届いた、我が夢の城。
「マスターそろそろ教えてください。何が届いたんですか?」




コックピット!



「コックピット!?」
そう、実はこれまで私はただの机にGTF-Proを付けて椅子に座って運転していた。
だが、やはりこれでは若干臨場感に欠ける所がある。
そこで安く手に入って、かつ抜群の臨場感を持って運転に集中できるコックピットを求めていたのだ。
「それが、今日手に入ったと?」
その通りだB続。
今日私がゲットした“新嵐を呼ぶGTコクピット”はこちらを参照してほしい。

グランツーリスモ4をGTフォースプロで遊ぼう

実はそちらのサイトから雨続海岸にリンクを貼ってもらうなど、個人的にもお世話になっているのだ。
ま、そんな縁で、今回こちらのコックピットを入手した、というわけだ。
「はぁー、お値段も手ごろだし、いい感じですね」
うむ。
というわけで、B続。
「はい?」
私がこのコックピットを組み立てている間…
「…まさか、…やっぱり?」

行ってらっしゃいニューヨーク!

「あうぅぅぅぅぅぅぅぅ」



32回目:Light Blue Metalic(2個目)
33回目:Moss Green Metallic(2個目)
34回目:Indigo Metallic(3個目)

…駄目だこりゃ。
「うぅぅ、すみませんマスター…」
もはや新色が出る確率のほうが低いから、なかなか厳しいな。
「はい、そろそろやめましょう? 無理ですよ?」
これで36台19色。コンプリートまで、頑張っていきましょう。
「…あう。無視してまとめに入らないでください」

(聞いてない)さて、結構簡単にコックピットも組みあがったし、次は私がこいつの座り心地を試してみるとしよう。
「あっ、じゃあわたしにはお休みを…」

ん? B続、なぜ我が家にはPS2が二台あると思う?

「うっ…、うぐぅぅぅぅ」

132億と
16,611,100
ドリームカー・チャンピオンシップ
8月21日

9月1日
というわけで、新たなコックピットの具合を試すのに、ある程度走り応えのあるシリーズを攻略することに決定。
で、私が選んだのが、スーパーライセンス必須の上級者向けレース『ドリームカー・チャンピオンシップ』
全10戦の長丁場、生半可な環境ではおそらく足と腰、そして両肩にかなりの疲労をためてしまうだろう。
さぁ、このコックピットはロングドライブに耐えられるのだろうか?

さて、このシリーズはGT4オリジナルのドリームカーが一堂に会して最速を競う夢の舞台。
今回のライバルカーは以下の面々。
フォードGT LMレースカー Spce U '04
スバル インプレッサ ツーリングカー
ホンダ NSX-R ProtoType LM レースカー '02
ジャガー XJ220 LMレースカー '01
マツダ RX-7 LMレースカー '01

対するこちらは全日本GT選手権をALL200点で制した決戦兵器。ウェッズスポーツCELICA(JGTC) '03で参戦だ。
エンジンは手を加えず311psのまま。レーシングミディアムを履かせた状態で、200点が提示された。

第一戦、オペラパリ7周。
第二戦、東京R246逆走、4周。
第三戦、ディープフォレスト、5周。
ここまでは順調に勝てたが、次が問題。

第四戦、ソウル市街地コース逆走、7周。

この直線メインのコースでは300馬力そこそこのマシンにはあまりに厳しい。
というわけで、作戦を柔軟に変えて挑んでみよう。
タービンキット3をつけて425psにパワーアップ。
それだとA-specポイントが下がるので、フロントにスーパーハードタイヤを装着、そしてダウンフォースを前後とも最低の15,21に落とす。
これで同じA-specポイント200点が提示された。

さて、このスタイルだとソウルでもなんとか激速ドリームカーに直線で勝負が出来る。
1周目からナイトロをバンバン使ってトップに立ち、後は鬼ブロックで逃げ切り勝利。
第五戦、香港、7周。
これは再び311ps+ダウンフォース30、50に戻し、タイヤは前後ミディアム。
この状態で勝利。

第六戦、テストコース、2周。
これはソウルセッティングにして勝利。

第七戦、ビギナーコース、27周(!)
またまたデフォルトに戻して勝利(ちなみに全車周回遅れにした)。

第八戦、サルトサーキット2、2周。
で、実はこれが一番厳しい戦いだった。
再びソウルセッティングで挑んだが、長い長いストレート(ユノディエール)にシケインが無い為、425psでもつらい…。
とにかく1周目の最初でナイトロを使いまくってトップに立つ。
そしてあとは鬼ブロックというソウルでの戦法を駆使して、何とか逃げ切る。
非常につらかった。
やはりこのサルトサーキットでA-specポイント200点を取るというのは相当な難易度である。

第九戦、エル・キャピタン逆走、4周。
最終戦、コート・ダジュール、7周。
最後の二戦はデフォルトで楽勝。
やはりテクニカルなところはよく曲がり乗りやすいこのマシンの独壇場。

というわけで、10戦すべて200点。
A-specポイントを2000点追加し、ついに6万点の大台を突破。
61573ptsになりました。
んで、プレカーに2台目の日産 GT-R コンセプト LMレースカー '02をもらった。
国産ドリームカー最速。結構お気に入りのマシンなのでそのうち使いたいものである。

そうそう、忘れるところだったが、このコックピット、実にいいね。
ドライビングポジションがほとんどカート状態なので、臨場感が全然違う。
さらにアクセルとブレーキのポジションを自分に合うように調整したので、全然足が疲れない。
いや〜、これはいいものを手に入れた。
今後はこの新コックピットから数々の激走を生み出していくとしよう。

そうそうそうそう、またまた忘れ去るところだったが、もう一台のPS2で走っていたB続はどうなったかな?
果たして何色をもらっただろうか?
それが新色かどうか、すぐに判別する為、これまでのまとめを記載するぞ。

1回目:DK Gunmetal metalic(新色)
2回目:Dark Bronze Metalic(新色)
3回目:Brite White(新色)
4回目:Light Blue Metalic(新色)
5回目:Willow Green(新色)
6回目:Willow Green(2個目)
7回目:Dark Gold Metallic(新色)
8回目:Top Banana Yellow(新色)
9回目:Indigo Metallic(新色)
10回目:Dark Gold Metallic(2個目)
11回目:Brite White(2個目)
12回目:Light Gunmetal Metallic(新色)
13回目:Medium Green metallic(新色)
14回目:Willow Green(3個目)
15回目:Plum Crazy Metallic(新色)
16回目:Burgundy Metallic(新色)
17回目:Bright Red(新色)
18回目:Willow Green(4個目)
19回目:Indigo Metallic(2個目)
20回目:Top Banana Yellow(2個目)
21回目:White(新色)
22回目:Medium Green metallic(2個目)
23回目:Moss Green Metallic
24回目:Dark Bronze Metalic(2個目)
25回目:White(2個目)
26回目:Top Banana Yellow(3個目)
27回目:White(3個目)
28回目:Citron Yella(新色)
29回目:Dark Bronze Metallic(3個目)
30回目:Hemi-Orange(新色)
31回目:Plum Crazy Metallic(2個目)
32回目:Light Blue Metalic(2個目)
33回目:Moss Green Metallic(2個目)
34回目:Indigo Metallic(3個目)
トレード:Turquoise Metallic(新色)
トレード:Brite Blue Metallic(新色)

で、今回。
「マスター、新色が出ました!」
よーし、いいぞB続!
「はい、今回出たのはButterscotchという色でした」
じゃあ、トレードで購入しておこう。
これで、37台20色。あと9色である。
ちなみに、自分でももうどの色が新色なのかわかりにくくなってきたので、まだ持っていない色一覧。
Dark Blue Metallic
Dark Green Metallic
Green Go
Heritage Gold Metallic
Gold Metallic
Gold
Tan Metallic
Dark Tan Metallic
Black
さぁ、頑張ろうB続。


「が、頑張りたくない…」
132億と
44,211,200
3月29日更新
ブリティッシュライトウェイト
9月2日

9月7日
1,832,000でミニクーパー1.3i '98を購入。
GT3の頃は結構これに乗って遊んでいたものである。
タヒチメイズでランエボラリーカーをやっつけたり、日本選手権に出てみたり(遠い目)
思えば、非力なマシンでハイパワー車を追い掛け回す楽しさを教えてくれた最初のマシンが、このミニクーパーだったかもしれない。
無論、そこで覚えた楽しみはその後の『ハチロクだけ選手権』に引き継がれることになるわけである。

今回も、せっかくの機会なので使ってあげることにする。
エンジンはノーマル62psのまま、足回りを中心にチューンして勝負。
ライバルは同じミニクーパー、ロータスエラン、ミニマーコス、ジネッタ、トライアンフスピットファイア 第一戦、オータムリンク、2周。
これは勝てた。

第二戦、アプリコットヒル逆走、2周。
ここだとジネッタが速い…。
結局追いつけずに敗北。
やはり直線が長いコースなので、パワー不足が如実に現れてしまう。
そこで、タービン1をつけて83psにし、タイヤをスポーツハードにすることで、200点をキープしたまま戦闘力を上げた。
これが効果覿面で、無事優勝。

第三戦、SSR5、2周。
これはアプリコットヒルのセッティングのままで無事優勝。
ロータス ヨーロッパ スペシャル '71をゲット。
ちなみに全9色のうちLagoon Blueをもらった。
なお、昔もらったのはColorado Orange。
あと7色(笑)
132億と
37,689,200
206カップ
9月8日

9月13日
さてさて、新コックピットは実に素晴らしい。
ミニでも楽しいコクピット。
調子に乗って、今日も骨のあるシリーズをひとつやってみましょう。
で、選んだのはオペルのスピードスターと並ぶ、屈指の難しさを誇るワンメイク。
206カップ。
ちなみに直江B続に走らせたときはほとんどフルチューンにしないと勝てませんでした。
で、今回、そんな206カップでALL200点を狙ってみたいと思います。
B続も乗った206RC '03をそのまま流用。198psでレーシングハードを履かせ、ウィング装着でダウンフォース30,30。
これで200点。
第一戦、オペラパリ4周。…8秒差で優勝。
第二戦、筑波5周。…ベスト1'01.135。10秒差で圧勝。
第三戦、モータースポーツランドU8周。…12秒差で余裕。
第四戦、鈴鹿東5周。…20秒差で疾風迅雷。
第五戦、コートダジュール3周。…20秒差以上(終わったので確認できず)で鎧袖一触!


…あれ?
屈指の難しさ?
A-specポイント200点レースの中では、かなり楽な部類でした。
というのも、多分チューニングが良かったのでしょう。
レーシングハード+ウィングの効果で、とにかくレーシングカーのようによく止まり、素晴らしく曲がる。
もともと206は私がGT3時代にベストFFマシンの一台に数えていたほどの、お気に入り。
それがGT4になって、さらにいい感じに。
乗ってても本当に楽しかった。
新コックピットとの相性も抜群。まさに人馬一体。
もしかして、GT4でもベストFFマシンかも…。
というわけで、プジョー 205 ターボ16ラリーカー '85をもらった。
今日はまたA-specポイント1600点追加。これで63173pts。
132億と
39,914,200
直江B続並行世界の日々
9月14日 さて、私がミニクーパーや206で走っているまさにその時。
直江B続くんは、もう一台のPS2でひたすらニューヨーク。
そんなB続くんと中継が繋がっています。

聞こえるかB続? 現状を報告せよ。
「あっ、マスター…。はい、何とか走っています。今日からマスターマシン肆号に乗っていますが、今のところ順調です」
うむ。プレカーはどうだ?
「はっ、申し訳ありません。Burgundy Metallic、Brite Blue Metallicとすでに持っている色しか出ておりません…」
そうか。すでに新色が出る確率は9/29だからな。
「あのー、マスター。もうわたし、くじけそうです…」

このバカ弟子がーーーッ!!!!

「ひっ…」
いいか、残りの色が少なくなってからがきつくなるのは、確率論の勉強をしたときから分かっていたことだろう。
「ううぅ…」
泣くなッ。お前には、全国3000万の直江B続ファンがついているぞ。
「えっ…」
苦しくなったとき、つらくなったとき、私からお前に伝えようと思って、これまで秘匿していたファンからのメッセージだ。
聞け。

魂で聞け。


>気の毒なB続・・・。けど大好きだぁ〜。頑張れ!!

>雨続さん B続くん ガンバ!

>B続 頑張れ。俺は貴方のファンです。

>B続!目の前にあるコースを攻めて攻めて攻めまくれ!!

>B続よ・・・うちの嫁に来ないか?

>B続、GT4一早いドライバーになるんだ!!

>B続がんばれ〜

>B続にすべてがかかっている!

>B続、GO,GO!

>B続チャチャチャーー

>B続ちゃん。ガンバ!私のAIなんてB続ちゃんの足元にも・・・

>B続ファイト!雨続さんも頑張って!

>B続、継続は力なりだ!マスターのためにも一所懸命に走るのだ!!

>B続......がんばったれや

>達成率100%おめでとうございます\( ^▽^ )/。今後もB続さんと頑張って下さい

>B続!!! 気合いだ〜〜〜〜〜!!!(雨続さんもさらなる高み目指して頑張って下さい!)

>B続応援してるよ

>B続!何事も気合で乗り切ってね。応援してます^^

>B続よ、今は試練を耐えるのみ!

>がんばれB続!本買ったぞ!

>雨続さんB続、頑張ってください。S2000ですか・・・自分乗ってますがおもしろいですよ

>B続ガンバB続ガンバB続ガンバB続ガンバB続ガンバB続ガンバB続ガンバB続ガンバB続ガンバB続ガンバ

>B続ガンバB続ガンバB続ガンバB続ガンバB続ガンバB続ガンバ

>今回もすごくおもしろかったです!B続!がんばれ!

>B続!これからも全色集めるの頑張れ!!

>負けるな B続! 明日があるさ!

>B続頑張れ! 確率論なんかに負けるな!

>百回やって全色手に入るかどうか…。恐るべしアメリカ。(もちろんB続がんばって!)

>B続ってさ、本当は嬉しいんでしょう?たくさん走らせてもらえて♪

>雨続さまのネタを作り出せ!B続!

>B続、試練じゃ

>B続がんばれ

>B続ガンバ!

>さすがにB続可哀想かも・・・。根性でガンバレ!!

>B続~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~〜〜〜〜〜

>がんばれB続!応援してるぞ

>がんばれがんばれB続!がんばれがんばれB続!

>B続 頑張れ 君にかかっているぞ

>B続頑張れ! 明日には明日の風が吹く

>走るのを止めたら...B続でない

>「三越」まで走れ! B続

>B続 確率論に負けるな!

>B続が二人ですか・・・いいですな(*´∀`*)

>B続大変だな〜!めざせ全色コンプリート!!

>Bちゃん可哀想ですよ!!もっと自分で走ってください。

>B続、新色ゲット頑張って!

「うっ、うおおおおおおおおおーーーっ!」
ぶおーん!

ふむ、マスターマシン肆号に真の意味で魂がこもったな。
行け、直江B続。努力と根性は無限だ…。




レース後



「マスター!!! 出ましたっ!!! 新色っ!!!」

Dark Blue Metallicゲット!

そうだB続、あきらめたら負けなのだ。
走り続ける限り、いつかは夢はかなうのだ。
「はい、マスター」
これで、38台21色だ。あと8色。
B続、ここからだ。ここからが我々の試練の始まりなのだ。
この残りの色を目に焼き付けておけ。
Dark Green Metallic
Green Go
Heritage Gold Metallic
Gold Metallic
Gold
Tan Metallic
Dark Tan Metallic
Black






「…………やっぱり、やっぱり止めませんか? もうあきらめましごぼあッ!?

聞こえない…。私には何も聞こえない…。

132億と
33,114,300
3月30日更新
直江B続分身の日々
9月15日

9月24日
さぁB続。今日も元気にニューヨークへ行ってみよう!
「うぅぅぅぅ…」
「うぅぅぅぅ…」

ん? なんだ? せっかく二人いるのに、同じリアクションかよ。
「そうは言いましても…」
「そうは言いましても…」

やれやれ。ともかく、状況を少し説明しよう。
実はちと風邪気味だ。
「最近お忙しい日々が続いていましたからね」
「お仕事とGT4と執筆の両立は大変ですからね」
うむ。
というわけで、今日は私はゆっくり静養。その分豪勢に2台のPS2それぞれで直江B続にNYを走ってもらい、効率よく新色をゲットしよう。
「あと8色ってことは…」
「新色が出る確率も8/29ですよね?」

最後の一色が出る確率1/29に比べればなんと8倍もの高確率じゃないか。
宝くじより遥かに当りやすいぞ。
「…それは」
「…そうですけど」

ええい、つべこべ言わずとにかく走ってこい。
下手な鉄砲数撃ちゃ当るんだ。
「はぅぅぅぅぅ」
「はぅぅぅぅぅ」

では、B続が走っている間、私は「水曜どうでしょう」のDVD最新作でも見ながらゆっくり体を休めるとするか…。



1回目結果発表。

一人目の直江B続(メインメモカ)
Top Banana Yellow(4個目)
二人目の直江B続(サブメモカ)
Black(新色)

いきなり新色ゲット!!!!!!!
いいぞB続B。
「B続Bって…」
「じゃあ私はB続Aですか?」
細かいことは気にするな。
よしよし、幸先いいな。早速もう一度走ってもらおうかな。
特にB続Aは頑張りたまえ。
「はうぅぅ」
「…頑張れ自分」



さて、B続が走っている間、私は Yahoo!自動車 中古車物件情報 でも見ているとするか。
いや、実は最近のマイブームは、ここで嵐を呼ぶアルトワークスの後継車を捜すことだったりする(笑)
そうそう、誤解されないように言っておくが、今乗っているアルトワークスの車検は来年の9月まで有効。
従って、理想的にはそれまでアルトにトラブルが発生せず、あと1年半乗りきれば、そこまでで後継車の購入資金をたっぷり貯めることが出来る。
その時点で本当に資金に余裕があれば“S2000”という選択肢が現実味を帯びてくるわけだ。

というわけで、直江雨続的後継車の条件。
1:ライトウェイト。
言うまでもないが、私はライトウェイト好き。
それこそ、軽でも全然オッケーな人である。

2:エアバッグ装備希望。
最近、アルトに乗っていて思うのだが、万が一の事故が怖い。
なにせ平成3年式。エアバッグはついていないし、衝突安全ボディかどうかも分からない(笑)
怖いので、公道では常に制限速度で安全運転してます(笑)
というわけで、私の身の安全を第一に考え、なるべく事故っても怪我をしないようなマシン希望。

3:FF以外。
サーキットでドリフトがしたいとです。

4:VTEC希望。
やっぱエンジンはホンダさんでしょう。
FFだけどインテやシビックが魅力なのは、ひとえにエンジンに尽きる。

ま、そんな条件に合って、なおかつ私が候補に考えている車(もちろん中古)を想定する予算別にちょろっと紹介してみましょう。
買い物で一番楽しいのはカタログを見ているときなのです(笑)。

★10万〜30万。
スズキ アルトワークス
スバル ヴィヴィオ GX-R スーパーチャージャー
どちらも4WDだったらなお良し。
軽の中でも私が好きな2台。
アルトだったらもっと年式が新しいのがいいなぁ。

★30万〜50万。
スズキ カプチーノ
ホンダ ビート
ホンダ シビックEG6
マツダ ユーノスロードスター
だいたい、このくらいの値段だと、この辺のマシンが視野に入ってくる。
というか、もし今すぐ買うならこの辺の予算になってしまうのだが(笑)
ただ、カプチーノやビートは程度のいいのが少ないという話も聞く。
ユーノスも出来れば年式が新しいのを希望したいので、そうなるともうちょっと値段が上になるかも…。

★50万〜70万。
ホンダ インテグラType R
マツダ ロードスター
このくらいの値段だと、初代くらいのインテRが買えちゃいそう。
ユーノスじゃないロードスターも掘り出し物があれば意外にいけるかも。
いいよねロードスター。実際かなり好きなんです。S2000が無理でもせめてロードスターには乗りたい。

★70万〜90万。
ホンダ シビックType R
トヨタ MR-S
人気のシビックEK9は、このくらいのお値段からになりそう。
MR-Sは多分もうちょっと高いが、モノによってはこれくらいで買えないかなぁ。
ロードスターと同じくらいMR-Sもお気に入りなのだ。





★150万〜
ホンダ S2000
夢です。夢。
FRで、VTECで、ライトウェイトで、もちろん安全。まさに理想のクルマ。
…いや、あと5年くらい待てば多分買えるくらいの資金はたまるのだろうが、その頃にはきっと今より忙しくなってるから、乗る暇が無いだろうし、さらに下手すると環境が激変してファミリーカーを買わなければならなくなるかもしれない。
やはり、S2000に乗って楽しむなら、今しかないのだ。
買うなら今しかねぇ〜♪ 買うなら今しかねぇ〜♪ 

はぁ…、宝くじ当らないかなぁ…。



「あのー、マスター?」
「返事が無いので、もう3回も走りましたけど」

ん?
おおっ、こりゃいかん。ついつい妄想が暴走してしまった。
どれどれ、成果を見せてもらおうか。

一人目の直江B続(メインメモカ)

Bright Red(2個目)
Gold Metallic(新色)
Whillow Green(5個目)

二人目の直江B続(サブメモカ)

Dark Bronze Metallic
Light Blue Metallic
Tan Metallic(新色)

すげぇっ。さっきBlackが出たから新色の出る確率は7/29になってるのに、そこからさらに2色出た。
いい仕事したなぁ、B続たち。
「どうも」
「恐縮です」
よしよし、じゃあ、メインメモカにサブメモカから、トレードで新色をもらっておこう。

これで44台24色。残すは5色。
Dark Green Metallic
Green Go
Heritage Gold Metallic
Gold
Dark Tan Metallic

明日以降も二人で協力して頑張ってくれたまえ。
お前たち一人ひとりは火だが、二人合わされば炎となる。
炎となったガンマスターは…、無敵だ。

「マスターも早く」
「風邪を治してくださいね」

133億と
18,914,500
3月31日更新
直江B続炎の日々
9月25日

10月10日
ぐぅ…、いかん…、熱が……。
むぅ…、やばい…、へろへろ〜。
「マスター?」
「生きてますか?」

ん? ああ…、おお…? B続が二人に見える。
いよいよ私も熱に浮かされ、幻覚を見るようになってきたというのか?
「マスター、マスター! お気を確かにっ」
「しっかりしてください。傷は深いですよ、もう駄目だ」

ドサクサで、聞き捨てならない事言われた気がするが…。
ともかく、今日も私はハンドルを握れそうに無い。
というわけで…。
「はい、分かっております。二人でニューヨークに行ってきますから」
「どうぞ、いつまででも寝ててください。なんならもう起きてこなくていいですから」

またも聞き捨てならないことを言われたような気がするが…。
ともかく、頑張ってこいよ〜。
「はっ」
「あいよ」

…んん?



直江B続A(メインメモカ)

White(4個目)
Top Banana Yellow(5個目)
Tan Metallic(2個目)
Dark Green Metallic(新色)
Green Go(新色)
Turquoise Metallic(2個目)
Moss Green Metallic(3個目)
Dark Bronze Metallic(4個目)

なんと、残り5色のうち、いきなり2色をゲット。
しかも連続で。確率論を打ち負かしてます。


直江B続B(サブメモカ)

White
Dark Blue Metallic
DK Gunmetal Metallic
Light Blue Metallic
White
Gold Metallic
Tan Metallic
Willow Green

こちらではトレードするような新色は出ず…。
残念。

これで52台26色。残すは3色。
Heritage Gold Metallic
Gold
Dark Tan Metallic

このペースなら今週中のコンプリートも夢じゃない?
さぁ、頑張れ二人の直江B続よ。
…私は、早く風邪を治すとしよう。

しかし、何で熱が出るかなぁ…。
「そりゃぁ、マスター」
「昨日自分で言った事を忘れてますか?」

ん?
「わたしたち」
「炎になってますから!」

あ、熱い…。
なるほど…。
…はうっ。(ぱったり)

135億と
18,914,500
10月11日 この先は「A-spec攻略記録その5」へどうぞ。
135億と
18,914,500

続く。



本日の更新、いかがでしたか? お気に召しましたら押してやってくださいませ。

ご意見、ご感想、ネタに対する突っ込み(笑)、などありましたら、総合掲示板まで。

B続より不幸な伊達春樹氏と、本家本元の愛野郎の活躍は 小説のページにてお楽しみください!

戻る