嵐を呼ぶレーサー“直江雨続”の

『嵐を呼ぶレース参戦記』



第十五話「嵐を呼ぶ第二ヒート」

◇競技走行二本目◇


さて、一本目では伝説の「リアハッチ全開事件」を引き起こしてしまった私は、当然のことながら海よりも深く反省し、二本目の競技走行に向けコンセントレーションを高めていた。

言うまでもないが、競技走行は二本のみ。

一本目を走れなかった私は、ここで結果を出すしかないのだ。


まさに、崖っぷち

すでに、逃げ場なし

失敗は、絶対に許されない


全国1億4千万人のファンの期待に応えるため、嵐を呼ぶレーサー、いまこそ最高の見せ場。

モータースポーツの普及、サーキット走行の面白さを読者に伝える為にも、“初めてクラス”優勝を遂げなくてはいけない。


さぁ、いよいよ出番だ。

アルトワークスのエンジンに再び火が入る。

私の闘魂も注入。

ここ一番の最大の集中力を見せて、ぶっちぎりのタイムを叩き出して見せようぞ。

記憶力を総動員し、すでにコースは頭の中に完璧に入っている。

スタートしたら、最初の分岐点で左。

忘れるなよ。スタートしたら、左だぞ。


よし、大丈夫。


順番待ちの車列が無くなり、いよいよ私の番。

視界が開ける。

高まる鼓動。

汗ばむ熱気。

エンジンの音。

私を見つめる、視線、視線、視線…。

大江校長の実況のせいか、すでに私はちょっとした有名人。

ギャラリーの注目を浴びていることが、運転席からでもひしひしと分かる。

そして“チーム直江”こと、我らがB.A.R軍団の3人も、私のスタートを固唾を呑んで見守っているはずだ。


緊張はピーク。


軽く深呼吸。

そして、スタートのフラッグが大きく振られた…。


さぁ、今こそ、私の中の野生を解き放て。

お前は自由だ。

サーキットを駆ける一匹の狼となれ!



アクセルを踏み込む。

クラッチをつなぐ。

軽量コンパクトなアルトワークスが、小気味よく加速する。

タコメーターは一気にレッドゾーンへ。

いいぞ、いい感じのスタートダッシュだ。

これまでで、最高の出足。

いける。

これなら、やれる。

私にも出来る。

マシンとの一体感。


この瞬間、私はまぎれもなく、正真正銘のレーシングドライバーだった。



いざスタート!



まず、最初の分岐点を左に。



左……



通り過ぎてますが…



つまりミスコース…



わずか5秒でさようなら。






まぁ、つまり、その、なんというか…。


一番最初の分岐点で真直ぐ行ってしまいました。

ミスコースです。

二本目も、タイムなしです。



嵐を呼ぶレーサー、直江雨続。

デビュー二戦目のジムカーナは、ほろ苦い一日となった…。



続く……かもしれないが、続かないかもしれない。





続きを読む 戻る