嵐を呼ぶレーサー“直江雨続”の

『嵐を呼ぶレース参戦記』



第八話「嵐を呼ぶセカンドステージ」

◇プロローグ◇


2004年6月4日(金)

我々は再び桶川の地に立っていた。

この日開催されるのは「セカンドステージ」という走行会。

参加台数34台がグリップA、グリップB、ドリフトA、ドリフトBの4つのクラスに分かれ、朝から晩までサーキットを走りまくるのだ。

なにしろ、一回15分の走行を一日7回できるのである。

ちなみに、ジムカーナのときは7分の練習走行が2回+競技走行2回だったのだから、それと比べるとまさに7倍近い時間を走れるのである。

そして、今回この走行会に、私、kyu氏、T氏の3名が参加したのである。

kyu氏はインプレッサでの走行だが、私とT氏は、嵐を呼ぶアルトワークス、を2人で乗ることになる。

すなわち、グリップAクラスは私が、グリップBクラスではT氏がアルトに乗って走るのだ。

従って、アルトちゃんはなんと30分×7回という、耐久レース並に過酷なスケジュールをこなさなければならないのである。

平成3年式、13万円で買った13年前のマシン…。

果たして無事、壊れずに走りきることが出来るのであろうか。


◇グリップAクラス、一回目走行◇


今回の私の課題。「ヒールアンドトゥ」が出来るようになる。

もうね、これまでのお話を読んだ人ならお分かりでしょうが、私はヒールアンドトゥが出来ない。

それだけでなく、そもそもシフトミスが多すぎる(笑)

これを何とか改善したい、というのが今日のテーマなのである。

15分×7回も走行時間があるのだから、たっぷり練習しよう。


◇ウォームアップラン◇


というわけで、先頭を行くペースカーの後に続いて、私の乗る嵐を呼ぶアルトワークスが真っ先にコースイン。

1周のウォームアップラン中、同乗してくれたT氏から、アドバイスを受けつつ、私は上機嫌でハンドルを握っていた。

なんといっても、先週のジムカーナで、すっかりサーキット走行の楽しさにハマった私である。

「ごーごー♪」

まさに浮かれまくり。

遅いスピードで走っているうちは、余裕綽々なのだ。

しかし、ペースカーがピットに戻り、いざ走行開始、となった瞬間、事件は起きた。

2コーナーをクリアした私だが、背後からkyu氏のインプレッサが迫ってきていたのである。

そして、ヘアピンへの進入で、インプレッサがインに飛び込む。

そのとき、インに飛び込まれた私は…





大パニック。


続きは動画で確認せよ。


◇重大事故発生(笑)◇





動画見た?

じゃあ、続きを読んでよし(笑)


というわけで、パニックに陥った私は、無意識のうちにGT3の癖が出たらしく、一生懸命左足でブレーキを踏む…つもりでクラッチを踏み(笑)、次の瞬間には「あ、ブレーキは右足だった」と気付いたらしく、右足でブレーキを踏む…つもりで、アクセルを踏んでいた(爆笑)

一応、左足はクラッチを踏んだままだったので、むなしく「ぶおーん」とエンジンが吼えているのが確認いただけると思う。

それでも、コースの外にはみ出したものの、とりあえずどこもぶつかることなく、コースに復帰。

とっさにT氏に声をかける。

「大丈夫ですかっ?」

一番パニクっていた私が言うセリフではない、と思うのは書いている今は冷静だからだろう(笑)。

まぁ、この場合、私が心配したのはアルトが大丈夫かどうか、ということだったのだが。

「大丈夫、大丈夫」

苦笑しつつ、T氏が応じてくれる。

さすがは百戦錬磨の大ベテラン。肝が据わってらっしゃる。

しかし…

「ちょっとゆっくり行ってみようか、始めは(苦笑)」

実は怖かったらしい(笑)

そりゃ、私みたいな素人の助手席の乗るのは怖かろう。

だが、何周かして慣れてきた私は、身の程をわきまえず、今度は左足ブレーキに果敢に挑戦することにした。

普段GT3で遊ぶときやカートなどでは私は左足でブレーキを踏んでいる。

ちなみにレンタカーなどでAT車に乗るときも、私は左足でブレーキを踏んでいる(!)

だから、きっと左足ブレーキをものにすれば、強力な武器になるだろう、と踏んでいる。

さすがにサーキットデビューのジムカーナのときは、左足ブレーキには、二の足を踏んでいたのだが、今回こそはそのステップを踏んでみたいと思っていたのだ。

その結果、踏鞴(たたら)を踏み、虎の尾を踏み、薄氷を踏み、どじを踏み、地団駄を踏むことになるのだが、実際動画を見てもらおう。


◇左足ブレーキ、練習の末路◇


これを見た読者諸君、前車の轍を踏まないように気をつけてもらいたい。

というわけで、左足ブレーキ作戦大失敗。

このABSが付いていない車では、あっさりとブレーキがロックしてしまうのである。

やはり慣れていないと、左足でのブレーキを踏む感覚を掴むのは、難しいようだ。

まぁ、そんなわけで、波乱万丈の一回目走行15分を丸々動画でお届けする。

ロードに時間がかかるが、興味のある方はご覧いただきたい。


◇一回目走行、全部見せます◇


とりあえず、この一回目の走行での私のベストタイムは59秒5。

あとは1分を超えるタイムで走行していた。

これが今日一日でどれくらい速くなるか、楽しみである。

さて、一回目の走行が終わると、休む間もなく、グリップBクラスのT氏にドライバーチェンジ。

そして私は助手席に乗り込む。

凄腕T氏が、一体アルトをどんな風に操るのか、間近で見習うチャンス。


◇グリップBクラス、一回目走行◇


勉強に専念するため、今回はビデオ撮影はなし。

要所要所で、T氏からアドバイスを受けつつ、助手席で同乗体験。

そりゃもう、私とは全然スピードレンジが違うし、コーナーでタイヤは鳴りまくるし、操作はスムーズだし、『別次元』って感じ。

しかし、ライン取りであるとか、コーナーの通過スピードなどは、私の腕でも十分見て参考に出来る。

「そうか、ここはこうやって走るのか」とか、「なるほど、このコーナーは全開で行けるんだ」とか、上手い人の走りは、見るだけでも素晴らしく勉強になる。

濃密な15分はあっという間に過ぎていった…。


◇グリップAクラス、二回目走行◇


今回はビデオ撮影はなし。

一生懸命練習していたのだが、一回目のようなアクシデントもなかったので、書くことがない(笑)


◇グリップAクラス、三回目走行◇


今回は、私の走行は一旦お休み。

まだタイヤもマシンも熱ダレしないうちに、kyu氏がタイムアタックをしたい、と言ってきたためである。

さて、今回の走行会に隠された、もう一つの目的を明らかにしよう。

それは、8月1日に参戦予定のK−CARインターカップ(耐久レース)の予選タイムアタックを行うドライバーの選出である。

私、kyu氏、T氏のうち、今日のベストラップをたたき出した人間が、栄えある予選走行ドライバーに選ばれる、というわけである。

本来はFF乗りであるE氏が選ばれるものと思っていたのだが、なにしろE氏はまだこのマシンでサーキット走行を経験していない。

そこで、今日走る3人の中から選ぶことにしたのである。

んで、このグリップAクラス、三回目走行の枠を使って、kyu氏がアルトに乗り込み、タイムアタックを行ったのである。


◇kyu氏タイムアタック中◇


タイムアタックを終え、一回ピットに入ったが、タイムが取れていなかった(笑)。

再びコースインし、やり直し。


◇まだまだkyu氏タイムアタック中◇


このときもなにやら計測が上手くいっていなかったようで、いまいちこのタイムも怪しいと判断し、グリップAクラスの四回目もT氏とkyu氏で走ることになった。

んで、結局kyu氏のベストは52秒1。

そしてT氏が49秒台のスーパーラップを出したため、これにて予選アタック担当はT氏に決定。


◇グリップAクラス、五回目走行◇


この回の走行中、私は本日の自己ベスト53秒437をたたき出した。

54秒台も4回出ているので、かなり速いペースで走行できていた。

1回目は59秒5だったので、そこから比べると6秒もタイムアップ。

やはりこれは、T氏の走りを見て、学習した成果であろう。

まぁ、T氏とはまだ4秒も差があるが、kyu氏とは1秒差。

これは結構嬉しい。

なお、この五回目の走行ではビデオ撮影していなかったので動画はない。


◇六回目走行、全部見せます◇


ビデオが残っているのは6回目の走行。

しかし、このときのタイムは不明。

タイムが残っているときはビデオを撮ってなくて、タイムが取れないときは動画があるというのはどうだろう(笑)

まぁ、見ていただければ、最初と比べるとそこそこ上手くなっているのがお分かりいただけると思う。


◇T氏の走行◇


とりあえず、グリップBクラスの6回目では、T氏の走りをビデオ撮影。

私の走りとの違いを見てもらいたい。

特に、コーナリングスピードの違いと、タイヤの鳴り方なんかに注目だ。


◇グリップAクラス、本日最後の七回目走行◇


いよいよ本日の集大成である。

私のひそかな目標が、kyu氏のたたき出した52秒1を超えることである。


◇七回目走行、マシンに異変が…◇


しかし、走り出してすぐに、私は違和感を覚えた。何かがおかしい。

なにやらコーナーのたびに、変な振動と、タイヤのキュキュキュキュキュという変な音がするのである。

しかも、前よりもマシンが曲がりにくい感じ。

これは…、タイヤか?

緊急ピットインした結果…。

右フロントタイヤがこんな感じ。

これでは走れません。

いわゆるスローパンクチャーというやつであり、酷使に耐え切れず、右フロントタイヤがお亡くなりになっていたのである。

これにて走行は中止。そしてグリップBクラスの7回目の走行はキャンセル。

本日は、これで店じまいである。

すぐに右フロントをスペアタイヤに履き替えて、この日は帰路についたのである。

(セカンドステージ編を1話で終わらせるため、かなりはしょってます(笑))

◇次回予告!◇


セカンドステージにて、散々走りこんだため、アルトワークスはかなりぼろぼろに…。

そこで、タイヤ、ミッションオイル、エンジンオイルを自分たちで交換することに。

その次の週にはブレーキフルードも交換。

6月20日のしのい走行会に向け、アルトちゃんのメンテナンスだ。

そして、そんな合間、我々の間である重要な会議が催されていた。

すなわち、耐久レースに参戦するときの我々4人のチーム名を決定する会議である。

果たして、どんなチーム名に決まったのか?

全国8千万人のグランツーリスモファンもびっくりのナイスネーミングとは?


次回、『嵐を呼ぶレース参戦記』第九話


「嵐を呼ぶインターミッション」


ご期待ください!




続きを読む 戻る